ハンドメイド動画♪ プランツハンギングに挑戦 マクラメのハンギングホルダーの作り方♪


植物を天井や壁などからぶら下げて飾るプランツハンギング。床や台の上に植物を置くスペースがなかったら、吊るしてしまえば良いのです。インテリア感覚でおしゃれに植物を飾れるという人間側のメリットもありますが、低いところに置くよりも太陽の光が当たりやすくなる等、植物にとってもメリットがある場合もあります。
 

植物をハンギングする道具は、金属のチェーンやフック等いろんなものがありますが、今回のハンドメイドは、Tシャツヤーンを魚の網のような形に結んで作るハンギングホルダーです。
 
観葉植物や多肉植物をハンギングするのにぴったりですね。
 
この魚の網のように編んだものをマクラメというらしく、最近流行っているとか。簡単ですので、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 Tシャツヤーン
 テグス
 ウッドビーズ
 キーリング
 メジャー
 はさみ

[作り方]

1. Tシャツヤーンを2m×8本、1m×1本ずつ切る。テグスを2m×4本切る。
 
2. 2mのTシャツヤーンとテグスを束ねて、キーリングを通して1回結ぶ。Tシャツヤーンとテグスを一つにまとめて、1mのTシャツヤーンをきつく巻きつけて、しっかり結ぶ。短い糸端は、全てさらに短く切り、巻き付けたヤーンの中に押し込む。
 
3. キーリングを、高いところにある何かにひっかけて固定する。Tシャツヤーン2本とテグス1本の4組に分けて、それぞれキーリングから10㎝くらい下のところで結ぶ。
 
4. テグスにウッドビーズを通して、ウッドビーズのすぐ下で結び目を作る。ウッドビーズが2本のTシャツヤーンの間に入るようにする。
 
5. 10cmくらい下で、隣り合ったTシャツヤーン同士を結ぶ。テグスは2本のヤーンのうちのどちらかと一緒にする。
 
6. テグスにウッドビーズを通して、ウッドビーズのすぐ下で結び目を作る。
 
7. 10cmくらい下で、上の段で結んだ時と同じようにして隣り合ったTシャツヤーン同士を結ぶ。
 
8. 植物を植えるカラスボールや鉢を実際にセットしてみて、結び目を作る位置を決める。決まったら、全てのTシャツヤーンとテグスを一度に結ぶ。
 
9. ランダムな位置で、Tシャツヤーン2本とテグス1本をそれぞれ結び、ウッドビーズを入れて、そのすぐ下で結ぶ。余ったヤーンは、好きな長さにカットする。テグスはできるだけ短くカットする。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ プランツハンギングに挑戦 マクラメのハンギングホルダーの作り方♪まとめ

材料にするヤーンやロープは基本的には何でも良いと思いますが、園芸用の麻ひもはちょっと注意してください。
 
ガサガサ・ゴソゴソ感がかえっておしゃれだという理由で、雑貨等のハンドメイドに人気の素材ですが、植物への水やりなどで何度も水濡れを繰り返すような使い方だと、意外と早く劣化してボロボロに切れてしまう可能性があります。
 
ぶら下げるものの重さも考えて、丈夫な素材で作ってくださいね。