ハンドメイド動画♪ UVレジンとメタルパーツで一から作るロボットキーホルダー♪ 100均DIY

今回は、かわいいロボットのキーホルダーの作り方をご紹介いたします。シリコンモールドで作った立方体のレジンに、Tピンやビーズ等を付けてロボットの形を作ります。こういう単純な部品を使って、一から何かを作る作品は大好きです。
近い未来にAIが人間の生活の中で実用化されると言われていますが、私たちが日常的に側にいてくれてもいいなと感じるロボットは、この作品のような、かわいいロボットじゃないかと思います。

バイオハザード等の怖い映画の影響かもしれませんが、コンピューターのモニターにだけ顔が映るようなロボットは、ちょっと冷たい感じがするような…。実体がない=場所を取らないから、便利かもしれませんが。
ご紹介する作品ですが、丸ペンチを使ったアクセサリー作りのテクニックが必要です。

やったことがない方は、ちょっと練習してから本番に臨んでください。そんなに難しくないので、何回か練習すればできるようになると思います。
丸ペンチは100円ショップでも買えるようです。

[材料と道具]

 UVレジン液
 四角いシリコンモールド …大小
 UVライト
 メタルやパールのビーズ
 ピアス用の小さなバネ
 Tピン
 9ピン
 ニッパー、丸ペンチ
 歯車やネジ等のパーツ
 パステル
 ラメ、グリッター
 刷毛
 粘土(土台用)
 ピンバイス

[作り方]

1. まず、ロボットの足と手を作る。Tピンに各種ビーズを入れ、カットして長さを調整してから、先端を丸ペンチで丸める。1体につき2本ずつ作る。
2. 顔や体に使うメタルパーツを選んでおく。
3. UVレジン液に削って粉にしたパステルとラメを入れて着色し、シリコンモールドの大小どちらかに満タンに入れる。残った方には透明なUVレジン液とグリッターやメタルパーツを何回かに分けて入れる(メタルパーツを入れる場合は、事前にレジン液で組み合わせておくと扱いやすい)。
硬化させる。

4. モールドから硬化したレジンを取り出す。刷毛でUVレジン液を塗り、胴体には大きな歯車を、頭部には小さな歯車で目を付ける。硬化させる。
5. 同じようにして、頭部には耳を、胴体には裏側に大きな歯車を付ける。粘土を土台にすると良い。
6. ピンバイスで、胴体には手足が付くところに、頭部には上面に穴をあける。UVレジン液を塗ってから9ピンを差し込み(頭に付ける9ピンにはメタルビーズを入れる)、硬化させる。

7. 胴体と頭部をくっ付ける。少し離したいので、厚みのある歯車を間に挟んで、UVレジン液を塗って硬化させる。
8. 胴体に手足を付け、頭に付けた9ピンにはキーホルダーのチェーンを付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ UVレジンとメタルパーツで一から作るロボットキーホルダー♪ 100均DIY

かわいいロボットをキーホルダーで持ち歩けるなんて、嬉しいですね。未来では、どんなロボットが私たちの身近にいるのかな?
それでは、楽しいハンドメイドを。