ハンドメイド♪ DIY 100均フォトフレームで猫ドアを作る 犬ドアにも?!


今回は、ご自宅のお部屋のドアに、自分で猫用のドアを取り付ける方法をご紹介いたします。材料に100円ショップのフォトフレームを使います。
今回の難関は工具です。ドアに穴をあけるのに、電動ドリルと電動ノコギリを使っています。

電動ノコギリのほうは、引き回しノコギリという歯が細いノコギリがあれば代用できますが、電動ドリルはあったほうが良さそうです。
もし持っていなかったら、たいていのホームセンターは工具のレンタルをやっているそうなので、レンタルするという手もあります。
ただ、レンタル代が高いか安いかは、何とも言えないところです。

初心者の方などは、自分でドアに穴をあけることを躊躇すると思います。自分の家のドアだから失敗してもいいと思えるなら、ぜひ挑戦してみてください。
そう、もし破壊してしまったとしても、ドアなら取り換えが可能なのです。
これが壁なら一大事…。ちょっと本格的なDIYかもしれませんが、猫ちゃんのために頑張ってください!

[材料と道具]

 フォトフレーム  …2枚
 塩ビシート    …厚さが1mmくらいのもの
 釘        …短いもの
 丸環フック    …2個
 定規、カッター、穴あけパンチ、ペンチ、ノコギリ、金づち
 電動ドリル
 ジグソー(電動ノコギリ)または引き回しノコギリ

[作り方]

1. フォトフレームは、枠と裏板だけを使う。裏板からスタンド部分を外しておく。
 
2. 塩ビシートを、フォトフレームの内枠よりも、横5mm、縦1cmくらい小さくカットする。
 
3. カットした塩ビシートに、穴あけパンチなどを使って穴をあける。
 
4. ペンチを使って、丸環フックの隙間を少し広げる。
 
5. 猫ドアを取り付けるドアに、フォトフレームの内枠と同じ大きさの穴をあける。まず、ドアにこれから切り抜く部分を下描きして、四隅に細い電動ドリルで小さな穴(下穴)をあける。太い電動ドリルでジグソー(電動ノコギリ)の歯が入る大きさに穴を広げ、十分な大きさの穴が開いたら、ジグソーの歯を穴に入れて切断する。
 
6. ドアにフォトフレームを当てて、内側の幅を測る。
 
7. フォトフレームの裏板を、ドアの内側の幅にカットする。1枚からは上下に取り付ける板を2枚カットし、もう一枚からは左右に取り付ける板を2枚カットする。長い方(左右に取り付ける方)の板は、長さを2mm程切り落とす。
 
8. カットした板とフォトフレーム1枚を、一番短い釘で固定する。上下の板を取り付けてから左右の板を付ける。
 
9. フォトフレームの上になるほうに、3.で開けた塩ビシートの穴の位置の印を付け、丸環フックを取り付ける。
 
10. まず、9.をドアに開けた穴にはめ込んで、反対側からもう1枚のフォトフレームをはめ込み、釘を打つ。ドアを壊さないように気をつけて行う。
 
11. 丸環フックに塩ビシートをかける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ DIY 100均フォトフレームで猫ドアを作る 犬ドアにも?!まとめ

材料のフォトフレーム、失敗した時のために多めに用意しておいた方が良いかも…。
電動ドリルなどの工具を扱う際には、怪我などの危険がないように、充分に気を付けてください。
いっそのこと、ホームセンターでドアに穴をあけてくれるサービスがあればいいですね(あるかも?!)。
でも、それだとDIYの楽しさは半減するかもしれませんね。
それでは、猫がこたつで丸くなるこの季節、ハンドメイドを楽しんで、素敵な毎日をお過ごしください。