ハンドメイド動画♪ A4用紙を型紙に使ったバッグインバッグの作り方♪


今回は、バッグの中を整理整頓するのに役立つバッグインバッグの作り方をご紹介いたします。こちらの作品はA4用紙を型紙にするので、特別に型紙を作る必要がありません。
バッグインバッグは、筆記具等の小さな荷物が多い人や、お洋服に合わせてバッグを替える人に特におすすめ。バッグの中で荷物が迷子になったり、入れ忘れたりすることがありません。以前から欲しいと思っていたけど、まだ持っていないという人もいらっしゃると思います。ぜひ、作ってみてください。

[材料と道具]

 A4用紙
 本体用の生地  …表と裏の2種類
 ポケット用の生地 …外側と内側の2種類
 接着芯
 持ち手用の布テープ

[作り方]

1. 本体用の表生地、裏生地、接着芯をA4の大きさに2枚ずつ切る。表生地の裏側に接着芯を貼る。
 
2. A4の紙の長い方を4cmのところで折る。これがポケットの型紙になる。この大きさにポケット用の2種類の生地を2枚ずつ切る。
 
3. ポケット用の2種類の生地の上辺を、1cm幅で三つ折りにして縫う。
 
4. 外側のポケット用の生地を半分に折って印を付ける。本体用の表生地と下辺で合わせて、印を付けた線を縫う。真ん中だけが縫い合わされた状態なので、扱いにくい場合は両脇も縫っても良い。
 
5. 内側のポケット用の生地を、本体用の裏生地の上から4cmのところに、底を折り返して縫い付ける。好きなところに仕切り線を縫って入れる。
 
6. 持ち手用の布テープを20cmの長さに2本切り、両方の端から9cmのところにそれぞれクリップ等でとめる。その上に裏生地を中表になるように合わせて上辺を縫う。2組とも同じようにする。
 
7. 縫い合わせた2組の生地を開いて、二つを中表に重ねて端同士をきちんと合わせる。返し口を残して周囲を縫い合わせる。
 
8. 四隅にマチを作る。角が直角三角形になるようにたたんで、左右3cmずつ(合計6cm)のところを縫う。
 
9. 返し口から表にかえして、返し口を縫ってとじる。
 
10. バッグの入れ口の部分が、表生地が裏生地よりもほんのちょっと出るように形を整える。フチを1周縫う。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ A4用紙を型紙に使ったバッグインバッグの作り方♪まとめ

スタンダードタイプのバッグインバッグですね。とても便利そうです。
かく言う私も、欲しいと思っているけど、いまだにバッグインバッグを持っていない一人です。かわいいのは高いし、安いのはかわいくないし作りも適当だし。それに、こっちのバッグには入るけど、こっちのバッグには入らないというのもあって、なかなかちょうどいいものを見つけられないまま、結局忘れていました。市販のものに満足できない時は、自分で作れると本当に便利ですね。大きさもポケットの数や仕様も自由自在です。
それでは、ハンドメイドで素敵な毎日をお過ごしください。