ハンドメイド動画♪ 100均DIY つまみ細工の蝶のストラップの作り方♪ 敬老の日の贈り物にも♪


ほっこりとかわいらしい和風の雑貨は、ハンドメイドでも人気のあるカテゴリーです。今回ご紹介する蝶々のストラップは、羽の部分がつまみ細工で出来ています。
そして触角はワイヤー、体はパールビーズ。いろんな要素が複合して、日本的にも外国の方の作品っぽくも見える、かわいい蝶々に仕上がっています。
 
渋い色合いで作れば、男性が使える蝶々のストラップも作れそうですね。ペアの蝶々のストラップ、いかがでしょうか?
 
100円ショップのキットでも作ることができるようです。使用する布は、ちりめんが華やかで最適ですが、普通のハギレ等でも作ることができます。
布やビーズの組み合わせをいろいろ試しながら、楽しんで作ってください。

[材料と道具]

 ちりめん …好きな色や柄のものを2~3種類
 ロータリーカッター
 カッティングマット
 定規
 ボンド
 洗濯ばさみ
 ピンセット
 よく切れるハサミ
 アルミニウムワイヤー …太さ1mm
 パールビーズ  …直径6mm 3個
 ニッパー、丸ペンチ
 ひも      …アジアンコードなど 4cm
 ストラップ
 ボンドを拭き取るための濡れタオル
 お好みで飾り用のパーツ

[作り方]

1. ちりめんで4.5cm角の正方形2枚、4cm角の正方形4枚、3cm×5cmの長方形3枚を切る。ロータリーカッターを使うと切りやすい。
 
2. 土台を作る。長方形のちりめん全面にボンドを塗り、3枚を貼り合わせる。柄のある生地を使う場合は、柄を表面に出す。
 
3. 丸つまみで下の羽を作る。4cm角の正方形のちりめんの、角のひとつに少しだけボンドを付けて三角形に折る。同じ角に再度ボンドを塗り、両端を頂点に重ねるように折り上げる。真ん中で山折にして洗濯ばさみでボンドが乾くまでとめておく。同じものを2個作る。
 
4.  二重丸つまみで上の羽を作る。4.5cm角と4cm角の正方形のちりめんを、角のひとつにボンドを付けて三角形に折る。小さい三角形と大きい三角形を、裁ち目を合わせて重ねて貼り合わせ、あとは小さい羽と同じようにして作る。2個作る。
 
5. ワイヤーで触角を作る。ワイヤーを8cmにカットし、真ん中から半分に折る。両端を丸ペンチで渦巻きに丸める。
 
6. 次に体を作る。ワイヤーを4cmにカットし、片方の端を折り曲げる。もう片方の端からパールビーズ3個を通し(好みで飾りのビーズも)、曲げていた端をもう一度曲げる。もう片方も同じように2回、同じ方向に曲げる。
 
7. 土台に羽を付ける。大きな羽を、ほつれを切り、角の先端を少しだけカットする。底にボンドを塗り、土台に貼り付ける。ピンセットで根元を内側に向け、裁ち目同士を合わせる。羽の表側もピンセットで形を整える。同じようにして、4枚の羽をバランスよく土台に貼り付ける。
 
8. ボンドが乾いたら、羽の輪郭に合わせて土台をカットする。ほつれ防止のボンドを塗っても良い。
 
9. 長さ4cmに切ったひもを半分に折り、羽の間に挟んで貼り付ける。その上に触角と体をボンドで貼る。小さなワイヤーのパーツなので、しっかり押さえながら接着させる。
 
10. ひもの部分にストラップを付ける。お好みで飾りも付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 100均DIY つまみ細工の蝶のストラップの作り方♪ 敬老の日の贈り物にも♪まとめ

かわいい系の昆虫モチーフですね。サイズ的にも大きすぎず小さすぎず、ちょうど良い感じです。続編のトンボも楽しみですね。
 
台風が行ってしまってから、天気のいい日が続いています。これは遅れてやってきた夏か、早く来た秋か?どちらにせよ、晴れて程よく乾いた空気というのは気持ちが良いものですね。洗濯物も早く乾くし。
それでは、素敵な9月を!