ハンドメイド♪ 100均の毛糸でも 小さなハートのあみぐるみの編み方♪ かぎ針編み


ハートの形のあみぐるみの編み方をご紹介いたします。動画の中で、編み方を説明するために、パーツ別に色の違う毛糸で編んでいるのですが、そこがかえってかわいくなってます。
敢えて同じように毛糸を変えて編む人もいるんじゃないでしょうか。

こちらのハートは、球体が編める人なら、編むことができると思います。段数が少ないので、少ない毛糸で、時間もそんなにかからずに作れます。
1か所だけ、引き抜き編みの目を飛ばして編まないといけないところがあって、そこを間違わないでちゃんと編めるか心配ですが、ちょっとくらい間違えてもハート形に近い形にはなるだろう…と、初心者の私も、最近、度胸がついてきました。楽しんで編みましょう!

[材料と道具]

 毛糸
 毛糸の太さに合った号数のかぎ針
 毛糸針
 詰め物にする綿(お好みで)

[作り方]

1. 細編みで1段目6目、2段目12目、3段目12目の半球をひとつ編む。3段目の最後の引き抜き編みはチェーンつなぎで処理すると綺麗に仕上がる。
(参考)円形の編み方:人差し指に毛糸を2回巻き付けて作った輪の中に、作り目の鎖編み1目、立ち上がりの鎖編み1目を編んでから細編みを6目編む。糸端を引いて輪を引き締め、1目めの鎖編みに引き抜き編みすれば1段目の終了。2段目は立ち上がりの鎖編みを1目編み、鎖編みの根元から細編みを1目に2目ずつ編んで、1目めの鎖編みに引き抜き編みして2段目終了。3段目は目の増減なしで、2段目と同じ要領で編む。
 
2. 同じ半球をもうひとつ編んで、4段目でふたつの半球を合体させる。ふたつの半球の位置を合わせ、1目めにまとめて針を入れて引き抜き編みする。次の2目めと3目めも同様に引き抜き編みする。
 
3. 立ち上がりの鎖編みを1目編み、片方の半球に細編みを9目編む。
 
4. 引き抜き編みの目をつなぐ。二つの半球の引き抜き編みの目にまとめて針を入れて引き抜き編みする。もう片方の半球にも細編みを9目編んで、最後は1目めの細編みで引き抜き編みする。4段目の終了。
 
5. 5段目は6目減らす。立ち上がりの鎖編みを1目編んで、1目めは細編み、2目と3目にかぎ針を入れてひっかけた糸を一度に引き抜く(減らし目)。これを繰り返して合計12目編む。4段目の引き抜き編みをした目は編まずにとばす。最後は1目めの細編みで引き抜き編みする。
 
6. 6段目は増減なしで12目編む。最初は立ち上がりの鎖編みを1目編み、最後は1目めの細編みで引き抜き編みする。
 
7. 7段目は6目減らす。立ち上がりの鎖編みを1目編んで、1目めは細編み、2目と3目で減らし目する。これを繰り返して合計6目編み、最後は1目めの細編みで引き抜き編みをする。糸を絞ってハートの形を整え、糸の始末をする。
 
完成です♪

ハンドメイド♪ 100均の毛糸でも 小さなハートのあみぐるみの編み方♪ かぎ針編みまとめ

綿を詰める手順がありませんので、詰める場合はハート形を完全に綴じる前に入れてください。
小さい作品なので、綿を入れなくてもハート形を保てるかもしれません。
キーホルダーやアクセサリーにしても良さそうですね。バレンタインも近いし、ハートのモチーフは今の時期にぴったりです。
それでは、毎日をハンドメイドを楽しんでお過ごしください。