ハンドメイド動画♪ 100均の手ぬぐい1枚で作れる裏地付き巾着袋♪ コップ入れ&お弁当入れ


今回は、100円ショップの手ぬぐい1枚で作れる、裏地付きの巾着袋をご紹介いたします。
サイズは2種類で、それぞれコップ入れとお弁当入れにちょうど良い大きさです。布が二重になっているので、ふっくらとした感じに仕上がっています。
 
100円ショップのプリント柄の手ぬぐい、かわいくて大人気ですよね。つい買い過ぎてしまうこともしばしば。
手ぬぐいは長細い形をしているので、半分に折ると袋にするのにちょうど良い形になるんですよね。
この巾着袋は、縫う部分が比較的少ないので、手縫いでも楽に作れます。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 手ぬぐい …コップ入れ、お弁当入れ それぞれ1枚ずつ使用
 ひも   …コップ入れ:約110cm、お弁当入れ:約165cm

[作り方]

1. 手ぬぐいは一度洗濯し、長い方の端の糸をほどいて(コップ入れに使う手ぬぐいは片側だけでいい)、アイロンをあてて折り目をきれいに伸ばしておく。
 
2. コップ入れにする手ぬぐいを中表に4つに折ってまち針でとめ、端から20cmのところに印を付けてカットする。
 
3. わになっているところ(上になる方)から5cmのところに印を付ける。
 
4. 下になる方を3.5cm折り上げて、まち針でとめる。ここが折りマチになる。
 
5. 両側の5cmの印から下を縫いしろ1cmで縫う。縫い終わりと縫い始めには返し縫いをする。
 
6. お弁当入れを作る場合は、1枚の手ぬぐいをそのまま使う。折りマチの部分は6cmで折り、あとはコップ入れと同じように作る。
 
7. 両側の5cmの印のところの縫いしろに、横に切り込みを入れ(糸まで切らないように要注意)、縫いしろをどちらか片方に折って折り癖をつけておく。
 
8. 布を2回ひっくり返すと、マチ付きの巾着袋の形が現れる。
 
9. 7.で切り込みを入れた縫いしろを、内側に折り込む。
 
10. ひもを通す部分の下のラインと、9.で内側に折り込んだ縫いしろの部分を縫う。ひもを通すところの幅は、ひもの太さにもよるが2~2.5cmくらいあれば大丈夫と思われる。動画のお弁当入れのように、ひも通し部分の上のラインも
縫っても良い。この場合、上のラインは布の端から0.8cm、下のラインは2.8~3.3cmになる。
 
11. ひもを通す。必要なひもの長さは、巾着の幅+16cm。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 100均の手ぬぐい1枚で作れる裏地付き巾着袋♪ コップ入れ&お弁当入れまとめ

折りマチの作り方を教えてもらったのは

初めてかもしれません。折りマチも便利そうで良いですね。
 
使用する手ぬぐいは、できれば柄の向きに方向性がないものを選んでください。上下がある柄の向きを揃えて作りたいとなると、今回の作品はちょっと大変になります。
 
気温の変動が激しい時期ですね。昨日涼しかったからと言って油断していると、熱中症になってしまうことも。くれぐれも注意してお過ごしください。高齢の方は特にご注意ください。それでは!