ハンドメイド動画♪ Tシャツヤーンで編むオシャレな床敷きマット♪ かぎ針編み


Tシャツヤーンが流行っているので、Tシャツヤーンで編む床敷きマットをご紹介いたします。
極太のTシャツヤーンで編んだマットは、適度な厚みがあって、足で蹴っ飛ばしてもめくれたりしないので、使い勝手は良いと思います。

実は、このような古布の糸で作るマットは以前からあったのですが、ズパゲッティを始めとする流行りのTシャツヤーンで作ると、出来上がるマットも今風でオシャレ。
すっかり新しいものに生まれ変わっています。
オシャレなTシャツヤーンのマット、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 Tシャツヤーン(極太) …この作品ではズパゲッティを使用
 糸の太さに合ったかぎ針
 段数マーカー

[作り方]

1. 意識しながらふんわりと緩めに編んでいく。かぎ針に糸を絡めて目を作り、鎖編みを10回編む。
 
2. 立ち上がりの鎖編みを1回編み、10個目の鎖の裏山を拾って細編みを1回編む。角になる鎖編みを2回編み、細編みを編んだ目にもう一回細編みを編む。角の鎖編みに段数マーカーを入れる。
 
3. 残りの9個の鎖編みの裏山に細編みを1回ずつ編む。二つめの角の鎖編みを2回、最後の細編みを編んだ目に細編みを1回編む。鎖編みに段数マーカーを入れる。
 
4. 三つめの角になる鎖編みを2回編み、最後の細編みを編んだ目に細編みを1回編む。鎖編みに段数マーカーを入れる。残りの鎖編みの頭に細編みを1回ずつ糸端を編み込みながら編む。最後まで細編みを編んだら、四つめの角になる鎖編みを2回編み、一つめの角の鎖編みの一つ手前の目に引き抜き編みする。鎖編みに段数マーカーを入れる。1段目の終了。
 
5. 立ち上がりの鎖編みを1回編み、1段目の最後で引き抜き編みした目に細編みを1回編む。一つめの角の鎖編みに細編み1回、鎖編み2回、細編み1回を編む。段数マーカーを付け直す。細編みの目に1回ずつ細編みを編み、二つめの角まで来たら、また角の鎖に細編み1・鎖編み2・細編み1を編む。二つめと三つめの角の間にある目に鎖編みを1回編み、以後は同じようにして2段目の終わりまで編む。最初の細編みに引き抜き編みして2段目の終了。
 
6. 2段目が編みあがると、短い辺が細編み3個、長い辺は12個になる。以降、1段ずつ短い辺が+2個、長い辺が+2個ずつ増えていく。 同じ手順で12段まで編む。
 
7. 13段目は角の鎖編みに細編みを3回編む。他は今までと同じに編む。
 
8. 13段目を編み終わったら、最後に引き抜き編みを1周する。
 
9. 糸を切ってかぎ針等で糸始末をする。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ Tシャツヤーンで編むオシャレな床敷きマット♪ かぎ針編みまとめ

この作品はそれなりの量の糸を使うので、手持ちのTシャツからリサイクルした糸を使う場合は、糸の量が足りないかもしれません。こういうところがリサイクルの難しいところで、作りたいけど思うような材料がなかなか集まらないということが結構多いものです。そのような場合は、市販の糸も利用して、色や柄など相性のいい複数の糸を組み合わせて作りましょう。
それから、今さら気づいたのですが、ズパゲッティは1玉が120mもあるのですね!普通の極太毛糸は、製品にもよりますが1玉が50mくらいが多いので、それと比べると2倍以上の長さです。あの値段でも、もの凄く高いという訳ではないのかも…でも、決して安くはないですが。ちなみに、100円ショップのTシャツヤーンは1玉が9mです。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。