ハンドメイド動画♪ 羊毛フェルトで作るミニ鯉のぼり♪ 100均の羊毛でもOK:端午の節句


今回は、子供の日におうちの中に飾れる羊毛フェルトのミニ鯉のぼりをご紹介いたします。きれいなパステルカラーで、星形やお花形のスパンコールも付いていて、キラキラでかわいいですね。
この作品には、「ウールキャンディマテリアル」という商品が使われています。扱いやすいように羊毛がシート状に固められた商品のようですが、バラバラの繊維のままの羊毛でも作ることが出来ます。その場合は、適量の羊毛を取り分けたら、手のひらではさんで転がしたり揉んだりして、のり巻きのような形にしてからフェルティングニードルで刺し始めてください。ちょっと荒っぽく、繊維をぐちゃぐちゃにする勢いでやって大丈夫です。フェルティングニードルで刺す作業は、ふっくらした状態で終了してOKなので、すぐに終わるかもしれません。初心者の方でも、苦労せずに楽しく作れそうな作品です。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 羊毛         …水色、ピンク、オレンジ等
 フェルティングニードル
 フェルティング用の下敷き
 目用のフェルト生地か色紙 …白、茶色など
 スパンコール
 竹串
 ボンド
 はさみ

[作り方]

1. 羊毛をハサミを使って適量切り分ける。
 
2. 切り分けた羊毛をクルクル巻いてのり巻きのような形にする。繊維がバラバラのままの羊毛を使う場合は、繊維をぐちゃぐちゃに揉んだり手のひらで転がしたりして、のり巻きの形を作ってからやるとやりやすい。
 
3. フェルティング用の下敷きの上に羊毛を置いて、フェルティングニードルでブスブス刺してフェルト化させる。途中で何回か手で揉みながらやると早くフェルト化する。羊毛のシートの巻き終わりを手で崩しながら刺して目立たないようにする。全体がふっくらした感じの状態で終了させる。
 
4. しっぽになる部分をフェルティングニードルでV字に刺して、羊毛がハサミで切りやすい厚さまでへこんだら、ハサミでカットする。カットした断面をフェルティングニードルで刺して形を整える。
 
5. 目とスパンコールの飾りをボンドで貼り付ける。
 
6. 口の部分に、ハサミで竹串をさし込む穴をあける。
 
7. あけた穴に竹串をさし込み、ボンドで鯉のぼりを固定する。
 
8. お好みで大きさや色の違う鯉のぼりを作って一緒に飾る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 羊毛フェルトで作るミニ鯉のぼり♪ 100均の羊毛でもOK:端午の節句まとめ

動画の一番初めに出ているビーズがついている鯉のぼりもかわいいですね。飾り等は自分流にアレンジして好きなように付けてください。
たくさん作って、観光地などで長い綱にいっぱい付けて飾られている鯉のぼりみたいなイメージでタコ糸や毛糸に付ければ、鯉のぼりのガーランドの出来上がり。いかがでしょうか?
それでは、ハンドメイドで楽しいゴールデンウィークをお過ごしください。