ハンドメイド動画♪ 簡単・早い! 指編みで編むニットの付け襟 100均の毛糸で♪


1年で一番寒い今の季節。マフラー、もう一枚欲しいな。でも、今から編み始めたら、出来上がる頃にはもういらなくなってるかも…。
なんて考えている人には、指編みがおすすめです。指編みなら、編み始めてから30分で完成させることも可能です。
ご紹介するのは付け襟の編み方の動画ですが、長さを変えればマフラーにすることができます。それに付け襟もかわいいです。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 極太の毛糸(動画ではダイソーの「あむころ」を使用) …子供用で1玉くらい
 25mmのボタン  …1個
 針と糸
 かぎ針

[作り方]

1. 毛糸の端から10~20cmくらいのところに輪を作って、利き手でないほうの手の親指にかける。
 
2. 毛糸を指にかけていく。人差し指の前、中指の後ろ、中指の前、小指の後ろに糸を渡したら、また指の間を交互に通して、糸が人差し指の後ろまできたら、手のひらの上に乗せる。
 
3. 手のひらの上に糸がある状態で、2.で人差し指の前に置いた糸に人差し指をくぐらせる。次に、中指の前にある糸に中指をくぐらせる。きつくならないように、糸を出しながら行う。薬指、小指も同じように糸にくぐらせたら、小指側に出ている糸端を手のひらの上に乗せる。
 
4. 次の段は、小指から始めて人差し指で終了となる。人差し指側に糸端が出るので、再度、手のひらに糸端を乗せて同じようにして編む。これを繰り返す。
 
5. どんどん編んでいくと、手の甲の側に編み地ができていく。ある程度編んだら、親指にかけた毛糸は外してもいい。休憩する時は、指にかけた糸を編み針やペンなどにひっかけておく。
糸を継ぐ時は、1段編み終わった時に新しい糸を手のひらに乗せて編み始める。数段編んでから糸端同士を結んで、出ている糸は後で始末する。
 
6. 必要な長さが編めたら、糸始末をして終了させる。糸端を20~30cmくらい残して切る。指から糸を1本ずつ外し、指が入っていた糸の輪に糸端をくぐらせる。全部の指から糸を外したら、糸端を結んで軽く引き締める。
 
7. 糸始末をする前に、どちらの側を表にするか決める。表側を決めたら、裏側で周りの目に編みこんで糸の始末をする。
 
8. 両側を折って襟の形にして、襟が合わさるところにボタンを縫い付ける。

ハンドメイド動画♪ 簡単・早い! 指編みで編むニットの付け襟 100均の毛糸で♪まとめ

かわいい付け襟が完成しました♪ 個人的にはきつめに巻いてボタンをとめたスタイルがお気に入りです。
お嬢様風でかわいいです。
男の子用だったら、ボタンを2個つけてネックウォーマーみたいにしてもいいかもしれません。
完成した編み地を見て思ったのですが、指編みはできるだけ太い毛糸で編んだほうが良さそうですね。
指を使って編むから、どうしても目が大きくなるので、大きな目でもスカスカにならないくらい太い毛糸のほうが合うような気がします。
今年の冬は荒れた天気が多いですね。積雪が多い地域は大変ですが、編み物などを楽しんで、元気にお過ごしください。