ハンドメイド動画♪ 段ボール製の織り機で毛糸のバッグを作る方法♪ 100均の毛糸


今回は、自作の織り機で織る毛糸のバッグの作り方をご紹介いたします。織り機は段ボールで作ります。
材料には100円ショップの毛糸等を使用しています。極太の毛糸が手軽に入手できるのはうれしいですね。100円ショップの毛糸は、種類が豊富で人気があります。
完成したバッグに黒いミンクボールのチャームを付けた映像がありますが、なんとなく白熊の顔っぽく見えてかわいいです。
自作の織り機で織って作る毛糸のバッグ、ご興味ありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 極太の毛糸     …白2玉、グレー1玉
 並太の毛糸     …白1玉
 内側用の布
 接着芯
 マグネットボタン
 段ボール      …5.5×21cm、26×21cm:各2枚 5.5×26cm:1枚
 木工用ボンド、クラフトテープ等
 待ち針
 極太用の毛糸針、またはピンセット等
 かぎ針
 グルーガン

[作り方]

1. 段ボールで織り機を作る。段ボールの26cmと5.5cmの辺に、両端だけ5mmにして、1cm間隔で切り目を入れる。
 
2. 切り目を入れたら、木工用ボンドとテープ等を使って段ボールを箱の形に組み立てる。歪み防止に底板も付ける。
 
3. 織り機に縦糸をかける。縦糸には並太の毛糸を使う。広い面からかける。糸の端から15cmくらいのところを、広い面の一番端の切り目にかけ、織り機の外側に毛糸を回して表→底→裏→裏→底→表と糸をかけていく。
 
4. 広い面にかけ終わったら、細い面に糸をかける。必要な長さを測ってから糸を切る。底面は一番端の縦糸にひっかけて糸をかける。ズレやすい部分を待ち針で固定する。2面とも糸をかける。
 
5. 横糸をかける。グレーの極太の毛糸を毛糸針(動画ではピンセットで代用)に通し、1段目は一つずつ交互に縦糸に通していく。2~3段目は1段目で下になった縦糸が上になるように通し、4段目は1段目と同じように通す。このようにして、だいたい3分の1くらいまでグレーの糸で織る。縦糸が動くようなら、待ち針で固定する。
 
6. 次に白色の糸で織る。一つずつ交互に3本通したら、次の3本は横糸を上に通す。3段ずつ通し方を変えながら、側面を全て織る。途中で待ち針を底面に移動させる。
 
7. 底面は一つずつ交互にジグザグに糸を通す。
 
8. 全部糸を通し終わったら段ボールを外し、外に出ている継ぎ目の糸を始末する。かぎ針で内側に引き込み、糸端同士を結んで切る。
 
9. 内側の袋を作る。内側用の布の裏に接着芯を貼り、中表に二つ折りにして両脇を縫う。5cm幅のマチを作り、袋の口を二つ折りにする。マグネットボタンを取り付ける。
 
10. 手さげヒモを編む。グレーの毛糸を130cmの長さに3本切る。二つ折りにして束ね、縫い糸をきつめに巻いて固く結び、先端を何かに固定して三つ編みにする。2本作る。
 
11. 内側の袋の外側にしっかり縫い付ける。口の二つ折りにした部分にグルーガンを塗る。
 
12. 内袋を外袋の中に入れ、待ち針をうつ。待ち針を少しずつ外しながら、グルーガンで外袋と内袋を接着する。

完成です!

ハンドメイド動画♪ 段ボール製の織り機で毛糸のバッグを作る方法♪ 100均の毛糸まとめ

こんなふうにして、毛糸を織ってバッグを作ることもできるんですね。それに、グレーと白の毛糸は同じ種類の色違いのものですが、織り方の違いで出来上がりのボリューム感がこんなに変わるのですね。非常に面白いです!
それでは、毛糸を使ったハンドメイドが楽しい季節ですね。もふもふ毛糸でかわいい作品を作って、楽しくお過ごしください。