ハンドメイド動画♪ 春らしい花のブレスレットの作り方♪ ポリマークレイ 100均でも

明るいパステルカラーが春を思わせる、ピンクの花のブレスレット。これを見た瞬間に、なんて素敵なんだろう!と思いました。
寒い季節のほうが春への憧れが強いのかもしれませんね。

素材はポリマークレイです。オーブン等で焼成するタイプのものが使われていますが、自然乾燥で固まるタイプのもので作ってもよろしいかと思います。

春っぽい色合いなので、春にならないと付けられないと考えられる方も多いと思いますが、冬の間でも女性らしいセーターに合わせると素敵だと思います。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ポリマークレイ(動画ではFIMO SOFTを使用) …ピンク、白、グリーン
 ポリマークレイ用の接着剤(動画ではFIMOリキッドを使用)
 細い棒やナイフの形の粘土ベラ
 竹串
 花の形の抜き型
 パールビーズ    …大きめのもの、6個
 菊座、花座     …パールビーズに合った大きさのもの、12個(お好みで)
 9ピン        …11本
 留め金具
 ニッパー
 丸ペンチ

[作り方]

1. ピンクのバラの花を作る。ピンクのポリマークレイを一定の太さに細長く伸ばして、等間隔に切り分ける。切り分けたポリマークレイの粒を指で押しつぶして円形に伸ばし、細いロール状に丸める。この細いロールの周りに、指で円形にしたポリマークレイを花びらのように重ねる。これを15個作る。
 
2. 白い小花を作る。白色のポリマークレイを小さな球体に丸め、ナイフ形の粘土ベラで十字に切り目を入れる。竹串などで切り目を開き、丸く薄く伸ばして4枚の花びらのある花の形にする。これを20個作る。
 
3. 台座を作る。白いポリマークレイを薄く伸ばして花の形の抜き型で5枚抜き、それぞれ側面に9ピンを貫通させる。表面にポリマークレイ用の接着剤を塗り、バラ3個と小花4個をバランスよく配置する。
 
4. 葉っぱを作る。グリーンのポリマークレイを細長く伸ばして、短く切り分ける。指で片方の先端を細長く伸ばし、バラと小花の間に2本ずつ入れる。
 
5. 白いポリマークレイをごく小さな球体に丸め、小花の中心に付ける。
 
6. オーブンで焼成する。
 
7. 9ピンの丸めていないほうの先端を丸める。
 
8. パールビーズに9ピンを通し、花のパーツとつなぐ。お好みでパールビーズの両脇に菊座を入れる。
 
9. 留め金具をつなぐ。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 春らしい花のブレスレットの作り方♪ ポリマークレイ 100均でも

優しいパステルカラーが、春っぽい感じで良いですね。ポリマークレイの焼成温度と時間は、130度で30分くらいが多いようですが、製品によって異なることもあるので各自でご確認ください。
ちなみに、ポリマークレイは100円ショップでも販売されています(自然乾燥タイプのみかもしれません)。

金具をつなぐ時に使用する丸ペンチとニッパーも販売されているので、持っていないけど作ってみたいという方は探してみてください。
春はまだ先…のはずですが、近頃は温暖化で意外と早く過ぎ去っていく年もあります。もう少しのんびり春を楽しみたいですね。
それでは、ハンドメイドを楽しんで、素敵な毎日をお過ごしください。