ハンドメイド動画♪ 収納力も抜群! 簡単なすのこドレッサーの作り方♪ 100均DIY

今回ご紹介するのは、小さくて良いからお部屋にドレッサーが欲しいなと思っている人にぴったりの、すのこドレッサーの作り方です。
100均のすのこで、アクセサリーや化粧品等をたくさん収納できるドレッサーが作れます。
簡易的な作品なので、誰でも簡単に作れる半面、耐久性や耐重量はそんなに高くないかもしれません。
100均のすのこ自体がそんなに大きくないので、出来上るドレッサーも小型です。よって、収納できる量もある程度なので、耐重量のことでそんなに気を使わなくて大丈夫だとは思いますが、いつの間にか物が増えて、結構な重量になってしまって、ある日突然ガタンと壊れてしまった…なんてこともあるかもしれないので、一応ご注意ください。そうなんですよね~、油断してついいろいろ乗せてしまうんですよね。当方もやってしまいそうです。

春から新しい生活が始まって、一人暮らしを始めたという人もいるかもしれません。
冷蔵庫や洗濯機は必需品だからすぐに購入するけど、ドレッサー等は後回しになりがちだと思います。もし本当にそんな状態なら、手軽で簡単、かわいくて便利なドレッサーですので、ぜひ作ってみてください。

[材料と道具]

 すのこ   …4枚
 蝶番    …2~4個
 木工用ボンド
 鏡
 コルクボード
 木製の箱
 薄い木の板
 ノコギリ

[作り方]

1. すのこの裏側に蝶番を合わせて、穴の位置の印を付ける。2枚のすのこを合わせて蝶番でとめて、山型に立てかけられるようにする。

2. 山型に立てかけたすのこの両側に、鏡とコルクボードを木工用ボンドで接着する。コルクボードに画びょうを刺すと、アクセサリー掛けにできる。

3. 薄い板を木箱のサイズに切って、2枚のすのこの一番下の脚の間に渡して接着する。

4. 真ん中の脚の間に木箱を乗せる。一番上の脚には、2.で作った山型のすのこを乗せる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 収納力も抜群! 簡単なすのこドレッサーの作り方♪ 100均DIYまとめ

100均のすのこやベニヤ板自体が細かったり薄かったりするので限界はありますが、もっと丈夫に作りたい場合は、木工用ボンドで接着するだけでなく釘も併用したり、すのこの間に渡す板をもう少し厚いものにしたり、下段だけでなく中段や上段にも板を渡したり、いろいろ方法があると思います。
リバーシブルで使えなくなりますが、背面に板を貼っても補強になって良いかもしれません。

木工用ボンドの使い方にもコツがあるようでして、ボンドを塗ってから乾くまで、接着したいところを何かで挟む等して圧力をかけておくと、しっかりと強力にくっ付くそうです。

それでは、ハンドメイドのドレッサーで、毎日のメイク時間が快適に過ごせますように。