ハンドメイド動画♪ ガラスタイルでおしゃれな鏡フレームを作る方法♪ 100均DIY


今回ご紹介するハンドメイドは、個人的に以前から興味のあった、タイルを使ったDIY…ガラスタイルで作る鏡フレームです。タイルの並べ方はランダムでも、規則性を持たせても、どちらも素敵に仕上がります。
サイズに問題がなければ、目地材を使わないで、タイルだけをびっしりと敷き詰めて作ることも出来ます。
 
目地材を塗る手順は結構手間がかかるようなので、手軽に作りたい人におすすめです。
 
いろんなタイプのタイルができて、初心者もタイルを使ったDIYに挑戦しやすくなったと言われています。ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 木製のフレーム
 ガラスタイル
 鏡
 タイルの目地材
 強力接着剤(ガラスを接着できるもの)
 えんぴつ
 定規
 ボウル
 割りばし
 古新聞紙
 キッチンペーパー
 デザインの下絵   …前もって用意しておく

[作り方]

1. 木製のフレームの内側に下絵をセットして、タイルの位置に印を付け、縦と横の線を引く。
 
2. 鏡を貼り付ける位置に強力接着剤を塗り、鏡を接着する。鏡の表面に紙などを貼ってカバーしておく。
 
3. タイルを貼り付ける位置に強力接着剤を塗り、タイルを一枚ずつ並べて接着する。
 
4. タイルの目地材を水で溶く。水の量は製品の説明書きを参考にする。よく混ぜて、滑らかなペースト状になったら、タイルの間に隙間なく塗り込み、半乾きになるまで乾燥させる。
 
5. 半乾きの状態になったら、はみ出している目地材を濡らした古新聞紙やキッチンペーパー等で拭き取る。タイルの表面もきれいに拭く。
 
6. 約1日放置して完全に乾燥させる。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ ガラスタイルでおしゃれな鏡フレームを作る方法♪ 100均DIYまとめ

タイルは耐熱性に優れているので、鍋敷きを作るのにも最適です。耐水性にも優れているので、台所や洗面所の水回りにも使えます。
 
ボロい賃貸アパートに住んでいた頃、洗面所の壁をタイルでプチリフォームしたい…と、リフォームの本をうっとり眺めていたことがありました。タイルを貼ったところの修繕を退去時に求められるのが怖くて、実行はしませんでしたが、現在は実家住まい。実家も古いので、プチリフォームしてみたいところが何か所かあります。
 
狙っているのは、台所の窓枠です。あそこの古い木製の窓枠にタイルを貼って、耐水性をだしたら使い勝手が良さそうだなあと。
 
実際にできるかどうかは、他の家族の同意も必要なので、今のところは分りません。
なにせ、娘が中年と呼ばれる年代になったというのに、いまだにうちの台所の最高権力者は母なのです。
 
どちらにせよ、タイルを使ったハンドメイドはまだやったことがないので、雑貨から挑戦するのが賢明ですね。
性格的には、いきなりオオモノに挑戦したくなるタイプなのですが、失敗した時の母のカミナリが怖いですから。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください!