ハンドメイド♪ ハロウィン気分満点の蜘蛛の巣リースの作り方♪ 100均DIY


10月31日はハロウィンですね。すでに街のそこかしこにハロウィンの飾り付けがされていて、ちょっと楽しい気分になります。
皆さんのおうちでも、そろそろハロウィンの飾り付けが始まっているのかな?
 
今回ご紹介するハンドメイドは、リースの内側に蜘蛛の巣が張ってある、ハロウィン気分満点のリースです。この蜘蛛の巣のデザインは、今までありそうでなかったかもしれません。
蜘蛛の糸は黒い毛糸です。ぐるぐると蜘蛛の糸を張り巡らせていく作業は、ちょっと面白そうですね。楽しくハンドメイドして、お部屋の壁に飾ってくださいね。

[材料と道具]

 リースの土台
 アクリル毛糸  …黒
 グルーガン   …黒
 帽子の飾り
 ハロウィンや秋をモチーフにした飾り
 細めの針金

[作り方]

1. 毛糸をリースの土台の直径の1.5~2倍くらいの長さに3~4本切って、リースの内側に放射状に張る。リースに結んだところが表から見えないように、余分な糸は短く切って、グルーガンを塗って押さえる。
 
2. 放射状に張った糸に横糸を渡す。作業は裏面で行う。中心からちょっと離れたところに、新しい糸(2~3mくらい?の長さに切って巻いて糸玉にしておく)を結び付けて、結び目をグルーガンで目立たないようにとめる。放射状に張った糸に絡めながら、ぐるぐると渦巻きに糸を張っていく。最後はかた結びして余分を切り、グルーガンで固定する。
 
3. リースを表にして、上をどこにするか決め、毛糸を結んで引っかけ用のヒモを付ける。
 
4. 好きなように飾りを付ける。接着剤で付ける前に、仮置きしてシミュレーションしてみると良い。帽子の飾りを付ける時は、裏側にボリュームが出ると壁にかけた時に傾くので、裏側もしっかり接着する。重い飾りを付ける時は、細い針金(100均のものでOK)を使うと良い。蜘蛛の巣の部分に何かを付ける場合は、軽いものにする。

完成です♪

黒とオレンジの組み合わせは、やはりかわいいですね。ランプや暖炉の炎を思わせるせいか、あったかい感じもします。
 
蜘蛛の巣が付いたデザインなので、かわいい蜘蛛の飾りも欲しいですね。下記の記事に、モールの蜘蛛の作り方が紹介されています。よろしければこちらもご覧になってください。
※参考記事:ハンドメイド♪ ハロウィンハット&モールスパイダー(蜘蛛)の作り方♪
 
去年のハロウィンは、モノトーンなどのシックで大人っぽい色調が流行りましたね。今年はどんなのが流行るんだろうと思って、ちょっと検索してみたのですが、なんとはっきりした流行の傾向は見つけられませんでした。去年のモノトーンハロウィンは特別だったのかしら…。トレンド予想で小さな流行はポロポロと見つけることができまして、仮装はブルゾンちえみのコスプレが予想のトップでした。
ハロウィンと全然関係ないのに…。