ハンドメイド♪ スノードームとペンが合体!ウォータードームペンの作り方♪ 100均DIY


遊び心がある文房具が好きな人がたくさんいるそうなので、今回はウォータードームペンの作り方をご紹介いたします。ペンの持ち手の部分がスノードーム(ウォータードーム)になっているという、ちょっと面白い作品です。
 
ウォータードームの中身の液体は、液体のりと水で作ります。スノードームを手作りする時の定番の材料ですね。これにビーズやラメ等の飾りを入れて、かわいらしく仕上げます。
材料は全て100均で揃えられます。作りがいも意外とあるので、幅広い年齢の方にお楽しみいただけると思います。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ボールペン等のインク(芯)
 コルク付きの瓶   …細長いタイプのもの
 キリや目打ちなど
 グルーガン、または耐水性のある接着剤
 液体のリ
 精製水
 コップ等の容器
 飾り用のビーズやグリッター(ラメパウダー)
 樹脂風粘土

[作り方]

1. コルクの真ん中に、ペンのインクが通る大きさの穴を開ける。初めは細い穴を開けて、その後穴を広げるときれいに開けられる。
 
2. コルクの穴にペンのインクを通し、瓶に合った長さにハサミでカットする。インクのおしりに接着剤を塗ってふさぐ。
 
3. 容器に液体のリと精製水を入れて混ぜる。液体のリと精製水の量は自由。液体のリが多いほどとろみが出る。
 
4. 瓶の中にビーズやグリッター(ラメパウダー)等の飾りを入れ、3.で作った液を入れる。2.で作ったコルクのフタを奥まで押し込んで、ビンとコルクの間や、ペンのインクを通すために開けた穴の周り等に接着剤をたっぷり塗って、液が漏れないようにする。
 
5. 樹脂風粘土を混ぜて好きな色を作り、ペン先にコルクが隠れるように三角形に付ける。粘土が乾くまで、1~2日ほど置く。
 
6. ≪アレンジ≫ オーシャンウェーブ風(2層に色が分かれたウォータードーム)を作る。容器に液体のりを適量入れ、着色料(水性のインクや絵の具などでOK)で好きな色に染める。瓶にベビーオイルを7~8分目くらいまで入れ、着色した液体のりを入れる。好みでグリッター等も入れる。他にも工夫次第でいろいろアレンジ出来る。

完成です♪
 
瓶などは事前にきれいに洗ってから作ってくださいね。ウォータードームが長持ちします。
また、4.の手順の時に、コルクのふたをしっかり閉めて、接着剤でもしっかりくっつけて、水漏れしないようにしてくださいね。ペンのインクを通した穴も、接着剤でしっかりふさぎましょう。
 
10月に入りましたね。毎週見ていた(はず)のテレビドラマが、いつの間にか新しいドラマになっていてちょっとビックリ。9月と10月の境目って、学校や会社を離れると意外と忘れちゃうらしいですね。いかんいかん。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日を!