ハンドメイド♪ 100均DIY レース糸と紙コップで編んで作る組紐ブレスレット♪ 簡単


去年大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」で、重要アイテムとして扱われていた組紐(くみひも)のアクセサリー。
この映画の影響で、組紐の人気も高まっていたようですね。映画に登場したような、赤やオレンジを使ったものが特に人気だったようで、品切れが続出したとか。
今回は、組紐を編むための丸台という道具の代わりに、紙コップを使って編むブレスレットの作り方をご紹介いたします。難しそうに思える組紐の編み方ですが、一度手順を覚えてしまえば、誰でも簡単に作れるそうです。
 
普通は2~3色の糸を使って編みますが、今回の作品は、レインボーカラーの糸1種類だけで編みます。
簡単で、手軽に挑戦できますので、ご興味のある方はぜひ挑戦してください。

[材料と道具]

 レース糸  …レインボーカラー(段染め)
 紙コップ
 はさみ
 マスキングテープ
 クリップ
 留め具用のビーズ

[作り方]

1. 紙コップの口に、マスキングテープを均等になるように8か所貼り、その上に1cmくらいの切り込みを入れる。編み機の完成。
 
2. 糸を90cmの長さに4本切る。4本を一緒にして半分の長さに折り、二つ折りにしたほうを1回結ぶ。この時、結んだ時にできる輪が、留め具のビーズが通る大きさになるようにする。
 
3. クリップを糸の結び目に付けて、編み機の中に入れる。糸の束を開いて、1本ずつ編み機の切り込みに挟むが、最後の1本は切り込みに挟まずに真ん中に落とす。
 
4. できるだけ糸をピンと張った状態で開始する。空いている切り込みから右に三つめの糸を、切り込みから外し、空いている切り込みに掛ける。これを何度も繰り返すと、編んだ組紐が下にどんどんたまってくる。クリップは重りの役割があるので、紙コップの底に付かないように移動させながら編む。
 
5. 十分な長さが編めたら、クリップを外して、組紐の最後の部分を持ち、編み機にかかっている糸を外す。8本の糸を一つにまとめて、組紐の最後に結び目を作る。
 
6. 糸の1本にビーズを3個通し、他の1本できつく2~3回結ぶ。初めのほうで作った輪に、ビーズが通るか確認する。
 
7. 余った糸を切る。

完成です♪

アニメ映画「君の名は。」ハンドメイド♪ 100均DIY レース糸と紙コップで編んで作る組紐ブレスレット♪ 簡単まとめ

一つの動きをずーっと続けるだけなのですね。これで糸が紐になるなんて、不思議な程に簡単ですね。
この作品では、1種類の糸しか使っていないので、編み機に糸をかける位置を考えなくても良かったですが、糸を2~3種類使って編む場合は、最初に糸をかける位置に決まりがあるようですし、編む模様によっては、糸をかけていく順番にも決まりがあるのでしょうね。
 
ミサンガもそうですが、紐を編むのって楽しいですね。いろいろアレンジして楽しんでください!