ハンドメイド動画♪ ベアリングと結束バンドで話題のハンドスピナーを手作りする方法♪


 
今回のハンドメイドは、今話題のハンドスピナーを手作りする方法です。
動画の最初に、ベアリングの表のカバーを外して、液体に付けている手順があります。
 
これはハンドスピナーに使うベアリングは、潤滑油が塗られていないもののほうが良く回るそうなので、ベアリング内部の潤滑油を洗浄・脱脂するための作業です。
この作業が面倒な場合は、潤滑油が入っていないベアリング(ドライベアリング)を購入してください。ヨーヨーやラジコン、釣り具用として販売されています。
 
さて、動画では4種類のハンドスピナーの作り方が出てきますが、個人的なおすすめは3種類目と4種類目でしょうか。
これらの作品は中心に本物のベアリングを使っているので、とても早く、長い時間回る可能性があります。
 
もちろん、遊び道具としてはそのほうが良いのですが、遊んでいて高速回転中に羽の部分が外れたりしたら大変危険です。
でも、3種類目と4種類目は、補助の結束バンドを付けたり靴ひもでカバーしたりされているので、比較的安心かと思います。
それでは、ハンドスピナーにご興味がある方は、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 ボールベアリング …数個 ※ドライベアリングだと洗浄の必要がない
 結束バンド
 ペットボトルのキャップ
 重り用のコイン
 靴ひも
 グルーガン
 強力接着剤
 マイナスドライバーなどの工具
 ベアリングを洗浄するための市販の洗浄液 …ブレーキク〇ーナー等
 空き瓶
 ピンセット
 雑巾

[作り方]

1.  中心に使うボールベアリングを洗浄する。必ず換気の良いところで行い、市販の洗浄液に洗浄方法の記載がある場合はそれに従う。
前もって表面に付いている汚れは雑巾などで拭き取っておく。ボールベアリングのカバーをマイナスドライバー等で開けて、ガラス瓶に市販の洗浄液を入れて、その中にベアリングを入れて1分ほど放置する。その後、ピンセット等で1分間振り洗いし、雑巾で水気を拭き取り、洗浄液を揮発させるため数分放置する。
 
2. 1種類目:洗浄済みのベアリングに3個のペットボトルのキャップをグルーガンで均等な間隔で接着する。キャップの裏に重りのコインを接着する。
 
3. 2種類目:3本の結束バンドをつないで輪にし、洗浄済みのベアリング1個(真ん中)と、未洗浄のベアリング2個(両端)を一直線上に並べて輪の中に入れてきつく締める。ベアリング同士の間も結束バンドで縛る。
 
4. 3種類目:洗浄済みのベアリングに、未洗浄のベアリングを3個均等な間隔で強力接着剤を使って接着する。靴ひもなどを全体の周りにしっかりと接着して1周させる。
 
5. 4種類目:3本の結束バンドをつないで輪にし、未洗浄のベアリング3個を別の結束バンドを使って輪の中にくくり付ける。ベアリングの下を別の3本の結束バンドで絞り、洗浄したベアリングを中央に入れて、形を整えて結束バンドをきつく締める。

完成です!

ハンドメイド動画♪ ベアリングと結束バンドで話題のハンドスピナーを手作りする方法♪まとめ

ベアリングの洗浄・脱脂の手順を補足しました。
 
ハンドスピナーはベアリングが命だそうです。
既成のものは3~7分間も回り続けるそうなので、この作品もベアリングの調子さえ良ければ同じくらい回るかもしれません。余裕があったら、さらに発展させて色や形などをオリジナルにしてみてください。