ハンドメイド動画♪ セメントで庭の置き物をDIY♪ テントウ虫のガーデンオーナメントの作り方


お庭の花壇に飾る、テントウ虫のオーナメントの作り方をご紹介いたします。テントウ虫のかわいらしさに、一目で気に入ってしまった作品です。
材料がセメントということも、興味を持ったポイントです。セメントを使ったDIY、ちょっと面白そうですよね。
 
セメントと言っても、壁や土台を作る訳ではないので、気楽に挑戦していただいて大丈夫かと思います。
ロシア語の動画なのですが、作り方の説明が音声のみなので理解不能な部分があります。材料や手順は憶測が入っている部分もありますので、申し訳ありませんがご了承ください。
 
セメントは、なんと100円ショップでも売られています。100円ショップのセメントは、水を加えるだけで使えるようです(砂などは不要)。
テントウ虫の置き物、かわいいし踏み石にも使えそうですね。ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 セメント
 砂
 使わなくなったボール
 大きいバケツ
 混ぜるのに使う棒など
 計量カップ、スプーン
 ビニール袋
 ちょっと深めのトレイ
 石
 手袋
 ボウル等の容器
 木工用ボンド
 下地剤
 ペンキなどの塗料  …赤、黒
 刷毛
 鉛筆
 紙
 コップ等の円形のもの
 マスキングテープ

[作り方]

1. 使わなくなったボールを半分に切る。型として使うので、でっぱったところは取り除く。
 
2. 大きめのバケツにセメントと砂を1:3の割合で入れ、よく混ぜてから水を加え、さらによく混ぜてモルタルを作る。水の量は、通常はセメントの50~60%くらいらしい。
 
3. 半分に切ったボールにビニール袋をかぶせ、深めのトレイの上に置く。ボールの中に、モルタルと石(かさ増し?重り?)を入れる。
 
4. 数日間乾燥させる。型から外してビニール袋を取り除く。
 
5. 容器に少量のセメントを取り分け、水と木工用ボンド(おそらく)を入れてよく混ぜる。これを4.に塗って、表面のデコボコを補修して滑らかにする。
 
6. 乾燥させてから下地剤を表面に塗る。
 
7. 鉛筆でテントウ虫の模様を下書きする。斑点の模様は、小さなコップ等で円形の型紙を作って描く。
 
8. 赤い部分に色を塗る。乾いたら、黒の細い線を塗るために、マスキングテープ等で境目をガードする。黒い部分を塗り、乾いたらマスキングテープを剥がす。必要であれば、目を白で塗る。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ セメントで庭の置き物をDIY♪ テントウ虫のガーデンオーナメントの作り方まとめ

ちなみに、セメント+砂+砂利を水で練ったものはコンクリート、セメント+砂を水で練ったものはモルタル、セメントだけを水で練ったものはノロと言います。強度はコンクリート>モルタル>ノロです。
 
申し訳ないのですが、5.の手順でセメントの粉に混ぜているもの…おそらく木工用ボンドだと思われますが、確証がありません。一度乾燥させたモルタルの表面に、新しいノロを塗り付けるために混ぜていると思われます。もしうまくいかない場合は、各自で工夫してください。コンクリートにできたひび割れなどを埋めるための「補修用セメント」という製品もあるようなので、こういうものを使えば上手くくっ付いてくれるかもしれません。
 
6.の手順で塗っている白い塗料も、下地剤と推測しました。ネットで「セメント 下地剤」を検索してみたら、外壁用などの高性能の下地剤ばかり検索されてしまいました…。今回作っているのは置き物なので、クラフト用の下地剤で十分かと思います。
 
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。