ハンドメイド動画♪ 100均のトートバッグからリュックを作る方法♪【リメイク・リサイクル】


今回は、100円ショップのトートバッグからリュックサックを作る方法をご紹介いたします。
春になるとお出かけする機会も増えるので、お子さま用のリュックサックを作ってみませんか。

入れ口に巾着の覆いと、内部に袋も付けているので、手の込んだリメイクになります。もっと簡単に作りたい!
という場合は、内部の袋を省略することができます。

でも、入れ口の巾着の覆いは付けてくださいね
リュックサックは、走ったり下を向いたりすると中のものがすぐに落ちてしまうので、入れ口を閉める機能は必須です。巾着でなければ、ファスナーでもOK。アレンジを加えながら、楽しんで挑戦してください。

[材料と道具]

 100均のトートバッグ
 あや紐(平べったいヒモ)       …2mくらい
 Dカン(あや紐に合ったサイズのもの) …4個
 上部覆い布、裏布(内部の袋)用の布
 巾着用のひも
 マジックテープ
 お好みで飾りのワッペン

[作り方]

1. トートバッグの背中側になる側の下の方の脇縫いを、7~8cm程ほどく。
 
2. あや紐にDカンを2個通して縫ってとじる。同じものを2個作る。
 
3. 1.でほどいた所に、2.のあや紐とDカンを斜めに入れて、しっかりと縫い付ける。
 
4. 肩ひもをトートバッグの入れ口の内側に縫い付ける。
 
5. 上部覆い布を付ける。あらかじめ、底を縫っていない巾着袋を作っておく。大きさはトートバッグに合う大きさにする。
 
6. トートバッグの入れ口と上部覆い布の底を、待ち針でとめて縫い合わせる。4.で付けた肩ひもも挟み込んで縫う。返し縫いすると丈夫になる。
 
7. 裏布を付ける。裏布も、あらかじめ筒形のものを縫っておく。大きさはトートバッグに合わせる。
 
8. 上部覆い布の底と裏布の入れ口を、縫い代のヒラヒラが裏に出るように合わせて待ち針を打ち、縫い合わせる。
 
9. 裏布の底を縫い合わせる。
 
10. 上部の肩ひもをDカンに通し、上部覆い布の巾着部分にヒモを通す。
 
11. 表側の持ち手を切り取る。背中側の持ち手をつまんで斜めに縫いとめ、マジックテープを付けて留められるようにする。お好みでワッペン等を付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 100均のトートバッグからリュックを作る方法♪【リメイク・リサイクル】まとめ

巾着の覆いのサイズを、例として補足させていただきます。この大きさなら、布が足りなくて巾着が締められないということはないと思います。これを2枚縫い合わせてください。
  横:トートバッグの横幅とマチを合わせた長さ+縫い代+余裕分
  縦:トートバッグの横幅とマチを合わせた長さの半分+三つ折り分3~4cm+縫い代
この部分は大きく開いた方が使い勝手が良いので、横サイズに余裕分を入れました。なくても大丈夫です。余裕分を入れた場合は、トートバッグに縫い付ける時、ギャザーを寄せてください。下の袋部分は、トートバッグと同じ大きさでOKです。
それでは、いろんな花や草木が芽吹く季節です。ハンドメイドのリュックをお供に、お散歩やお花見などをお楽しみください♪