ハンドメイド動画♪ 羊毛フェルトの平面ブローチ・女の子の作り方


今回は、女の子の顔の羊毛フェルトブローチの作り方をご紹介いたします。土台の生地に、羊毛をチクチクと針で刺してフェルティングして、女の子の顔を描いています。
羊毛フェルトでぬいぐるみ等の立体的な作品がよく作られていますが、このような平面の作品もまた違った感じで素敵ですね。
目鼻や輪郭には刺繍で線をプラスしているので、細かい部分も表現できます。
イラスト調の作品が好きな人なら、きっと興味のある作品だと思います。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 土台のフェルトシート(表用、裏用)
 羊毛
 フェルティングニードルまたはアップリケパンチャー
 アップリケパンチャー用マット
 刺繍糸
 飾り用のビーズやリボン
 ブローチピン
 手芸用ボンド

[作り方]

1. 表用の土台のフェルトシートをアップリケパンチャー用のマットの上に置き、その上に肌色の羊毛を円形に形を整えて乗せて、フェルティングニードルかアップリケパンチャーで平らになるまで刺す。
 
2. 髪の毛になる羊毛を、髪の形に整えながら刺して付ける。
 
3. 目や口、頬や耳になる羊毛を、顔の上に形を整えながら刺して付ける。
 
4. 目や鼻などの細かい部分を刺繍で描く。
 
5. イヤリングになるパールビーズを付け、バランスを見ながら顔の輪郭を刺繍する。
 
6. 余分な羊毛をハサミで切る。仕上げの刺し作業をする。
 
7. 土台のフェルトシートを円形に切る。
 
8. レースでリボンを作って髪に縫い付ける。
 
9. 裏用のフェルトシートを合わせて、円の周囲をかがり縫いで縫い合わせる。ブローチピンをボンドで付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 羊毛フェルトの平面ブローチ・女の子の作り方まとめ

アップリケパンチャーとは、先端に5本くらいの針が付いたフェルティング用の針です。これを使えば、1回でフェルティングニードルの5回分刺せることになります。
でも、細かい部分の作業は、針が1本だけの方が向いています。アップリケパンチャーは針の取り外しが可能ですが、フェルティングニードルも併用している人が多いようです。
 
今回の作品のことを調べていて初めて知ったのですが、フェルティングの手法を使えば、羊毛だけでなく花や動物の形に切り抜いたフェルト生地なども、土台の生地にくっつけることができるそうです。
縫わなくていいの?手芸用ボンドを使わなくていいの?なんて素晴らしい方法なんだ!!と、しばし感激状態でした。
 
生地の種類に制限はありますが、Tシャツやバッグ等にフェルティングでアップリケをすることも可能です。ただし、洗濯は手洗いになります。
春が近づきつつあるこの季節。さっそく、羊毛フェルトを始めるための道具と材料の購入を検討しようかと考えております。皆さんも、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください。