ハンドメイド動画♪ 簡単リメイク♪ バンダナやハンカチで作るお弁当袋2作品

今回は、バンダナやハンカチで作るお弁当袋の作り方をふたつご紹介いたします。お弁当袋を新しく買おうと思っている方は必見です。
使っていないバンダナやハンカチが割といっぱいあるという人、結構いらっしゃると思います。これらは意外と長持ちするので、頂き物でいただいたり、不覚にも外出時に忘れて出先で購入したりしていると、必要以上に増えてしまうことも。そんな時におすすめなのが、バンダナやハンカチを使ったハンドメイドです。布端が既に縫われているので、他のものへのリメイクが簡単にできます。

きっとバンダナやハンカチ達にとっても、タンスの中で眠っているよりも使ってもらったほうが幸せなはず。
ご紹介する作品は、両作品ともバンダナやハンカチを折りたたんでまっすぐ縫うだけなので、簡単に作れます。
縫う部分も少ないので、手縫いでもそんなに大変ではありません。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

☆バンダナで作るお弁当袋

[材料と道具]

 バンダナ
 ひも

[作り方]

1. バンダナをひし形になる角度で、裏が上になるように広げる。
2. 上下の角を3分の1の位置で折る。
3. 左右の角を5分の1の角度で折る。
4. 横方向に半分に折って、90度回転させて輪になっているところを下にする。
5. 上の部分を2cmくらいあけて、両脇を縫って袋にする。待ち針やクリップ等でとめて、縫う線をチャコペンで書くと縫いやすい。
6. マチを作る。袋に手を入れて底の角を開き、きれいな二等辺三角形にする。角から3cmのところを直線に縫う。
7. 袋を表にかえして、ひもを通す。

完成です♪ 巾着タイプのお弁当袋です。

5.の手順で縫う時に、2.で折った角を一緒に縫いこんでください。
そうすると、袋部分で生地がデザインっぽく3重に重なります。
バンダナの大きさが足りない場合は、折り方を浅くして、底をちょっと縫ってもいいかもしれません。工夫してみてください。

☆ハンカチで作るお弁当袋

[材料と道具]

 ハンカチ
 ひも

[作り方]

1. ハンカチを表が上になるように広げる。
2. 四隅の角を折る。ハンカチと中に入れるお弁当の大きさを考えて折る。だいたいの大きさでOK。
3. ひも通し部分を作る。折ったところから3cmくらいのところを直線に縫う。チャコペンで縫う線を書いてから縫うと縫いやすい。
4. ひもを通して結ぶ。

完成です♪
そんなに大きくないハンカチでも作ることができます。ちょっと風呂敷バッグのような感じですね。ひもを長めにしておけば、緩めて広げた時にランチョンマットとしても使えます。

ハンドメイド動画♪ 簡単リメイク♪ バンダナやハンカチで作るお弁当袋2作品まとめ

こんなふうに活用できるなら、巾着袋を作る時なども、タンスで眠っているバンダナやハンカチをチェックしてからのほうが良さそうですね。実はこの間、巾着袋を作るためにわざわざ布を購入しました。ハンカチが利用できることにもっと早く気付いていれば…。ただし、生地が薄いハンカチは、ある程度の丈夫さが必要な物を作る時など、使用に向かない場合もあります。生地の特性を生かしてリメイクしましょう。
それでは、ハンドメイドを楽しんで、素敵な毎日をお過ごしください。