ハンドメイド動画♪ 春の花のモチーフ 忘れな草の編み方♪ かぎ針編み


今回は、忘れな草のモチーフの編み方をご紹介いたします。
忘れな草の開花は、だいたい3月~6月頃。中心がうすい黄色で花びらが水色~うす紫色の、本当に小さな花を咲かせます。
「忘れな草」という名前も印象的ですが、何よりもこのパステルカラーの黄色と水色の花がかわいらしくて、園芸好きにはファンが多いようです。

このモチーフを編むには、途中で黄色の糸から水色の糸に替える必要があります。やったことがない方も、動画を見ながらなら分かりやすいのでご安心ください。
新しい糸を引き込んで、2本の糸端を揃えて、モチーフと一緒に持つだけでOK。拍子抜けするくらい単純です。あとは花びらを5枚編めば完成します。ぜひ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 コットンの糸 …うすい黄色、水色
 かぎ針
 とじ針

[作り方]

1. うすい黄色の糸で編む。糸の輪を左手の親指と中指で持ち、かぎ針で糸を引き入れ、立ち上がりの鎖編みを1回編む(輪の作り目)。針を輪の中に入れて、細編みを1回編む。
2. 鎖編みを3回編んだら、針を輪の中に入れて細編みを1回編む。これをあと3回繰り返す。
3. 鎖編みを3回編み、一番初めの鎖編みに針を入れて引き抜き編みする。出ている糸を引いて中心を引き締める。鎖編みを1回編んだら、糸を切って引き抜く。1段目の終了。
4. 糸を切った鎖編みの次の細編みの頭2本に針を入れ、水色の糸を引き込む。2本の糸端を揃えて、モチーフと一緒に親指と中指で持つ。次からは糸端を編み込みながら編んでいく。
5. 立ち上がりの鎖編みを1回編み、1段目の鎖編み3目の下の大きな穴に針を入れて、細編み1回・鎖編み2回・長編み1回・Y字編み1回・長編み1回・鎖編み2回・細編み1回を編む。花びらが1枚編み上がる。(Y字編み:長々編みを1回編み、胴体の下半分の糸2本に針を入れて長編みを編む)
6. 同じようにして花びらを5枚とも編む。
7. 編み終わったら糸を切って引き抜き、とじ針に通して一番初めの目に糸を通して花びらをつなぐ。裏側に何度か糸をくぐらせてから糸を切る。編み初めの糸端も同じようにして糸始末する。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 春の花のモチーフ 忘れな草の編み方♪ かぎ針編みまとめ

糸の色を変えて編んでも、バリエーションが出て良いですね。忘れな草じゃなくなっちゃいますが。
そうそう、確かうちの庭にも忘れな草があったはず…と思って見に行ったら、ほんの少しですが咲いていました。
どうやら、本格的に開花するのはこれからのようです。
 
今年は風が強いです。今日も強風が吹き荒れてて、せっかく伸びてきたチューリップの茎が折れてしまいそうです。
桜もせっかく咲いてるのに、これじゃお花見ができません。
少しはおさまってくれるといいんですが。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。