ハンドメイド動画♪ 大きめサイズのリバーシブル・エコバッグの作り方♪


今回は、大きめサイズのリバーシブルのエコバッグの作り方をご紹介いたします。シンプルで使いやすそうなエコバッグですね。難易度的には普通レベルです。型紙は動画を参考にして自分で作る必要があります(大丈夫、そんなに大変じゃありません)。
実は、以前からこんな感じのエコバッグが欲しいと思っていました。たかがエコバッグですが、されどエコバッグでして、新しいのが欲しくても、気に入ったものがない等でなかなか買えないことも多く…。そして、端っこが破れてるのを使い続けているという…。こういう時こそ、ハンドメイドの出番ですよね。自分の好みの生地を使って、好みのデザイン・好みの大きさで、素敵なエコバッグを作りましょう。

[材料と道具]

 好きな柄の布 …外側用、内側用それぞれ110cm幅×60cm
 型紙用の紙 

[作り方]

1. 動画1:20頃を参考にして、型紙を作る。
 
2. 以降の作業は、外側と内側の布でそれぞれ行う。布を真ん中で2回たたんで、輪になっているところを合わせて型紙を乗せる。1cmの縫い代を付けて2枚裁断する。この時、持ち手の内側の部分(腕を通すところ)だけ出来上がり線を写しておく。余ったところでポケット用の生地を1枚裁断する。
 
3. カーブのある部分の縫い代に切り込みを入れ、出来上がり線に沿ってアイロンをあてて折り返す。
 
4. ポケットの生地の周りを、アイロンで1cm折り返す。入れ口になるところは三つ折りにする。
 
5. まず、ポケットの入れ口をミシンで縫う。次に、本体生地の中心・上から5cmの位置にポケットを縫い付ける。
 
6. 本体生地を中表に合わせて、両脇と底を縫い合わせる。
 
7. マチを作る。底の角を直角三角形に折って、左右5cm(合計10cm)のところに線をひき、縫う。縫った線から1cmだけ残して生地を切る。
 
8. 持ち手をつなげる。上の生地、下の生地同士の持ち手を中表に合わせて、上の部分を縫う。
 
9. 外側と内側の袋を中表に重ねて待ち針でとめる。8.で縫ったところの縫い代は、割って重ねる。
 
10. 持ち手の外側の線を縫う。
 
11. 表にかえして、10.で縫った持ち手の外側にアイロンをあてて形を整える。
 
12. 持ち手の内側を合わせ、待ち針でとめて、縫い合わせる。
 
13. 持ち手の外側のまわりを1周縫う。

完成です!

ハンドメイド動画♪ 大きめサイズのリバーシブル・エコバッグの作り方♪まとめ

私が住んでいる地域は、ほとんどのスーパーでレジ袋が有料なので、エコバッグはほぼ必需品です。
意外と消耗が激しいエコバッグ。味噌やら牛乳やら、重いものをいろいろ入れて持ち運びしていると、いつの間にか底の縫い目が広がってきていたりするし、気温が高いとチルド品に結露が付いて、バッグも湿って汚れます。
 
防水の布で出来ていたとしても、こういう汚れは完全には防げませんね。なので、洗い替え用やたくさん買物した時用とで、2枚くらいあってもいいかなと思っています。
今回ご紹介したエコバッグ、これが見つけられて一番喜んでいるのは私かもしれませんね。
それでは、ハンドメイドで素敵な毎日をお過ごしください。