ハンドメイド動画♪ 入園準備 裁ほう上手 ボンドを使って移動ポケットを作る方法♪


移動ポケットとは、洋服のウエスト部分にさげるハンカチやティッシュなどを入れる小さなポーチのことで、主に保育園や幼稚園くらいのお子さまの便利アイテムとして使われています。
私が園児だった頃は、ゴムひもをズボンやスカートのウエストの左か右の前に10cmくらい縫い付けて、そこに短冊形に折ったハンカチを通してさげるか、または安全ピンでとめるかしていましたが、最近はこういうものを使うんですね。

この移動ポケットを「裁ほう上手」という手芸用ボンドを使って、縫わないで作る方法をご紹介いたします。ポケットティッシュケース付きです。
事前準備の下描きやアイロンが面倒に感じてしまいますが、ここがきれいに仕上げるポイントだそうです。
ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してください。

[材料と道具]

 本体生地    …37cm×15cm(設計図では本体Bと表記されている)
 柄生地     …27cm×15cm(本体A)
 薄手の綾テープ …2cm幅 15cm 1本
 両面テープ   …2cmくらい
 ポケットバッグ用クリップ …2個
 裁ほう上手
アイロン、アイロン台
 あて布
 汚れ防止用とマスキング用の布か紙
 ハサミ
自然に消えるチャコペンか鉛筆
 50cm以上の定規
 

[作り方]

1. 本体生地と柄生地に、寸法通りの下描きを行い、裁断する。
2. 折り目とのりしろの下描きをし、アイロンでしっかりと折り目を付ける。
3. 台に汚れ防止の紙か布を敷き、ポケット口ののりしろに裁ほう上手を塗って貼りあわせる。汚れ防止の紙はまめに取り換える。あて布をして中温(140~160度)で15秒ほどアイロン(ドライ)をあてる。本体生地と柄生地の両方行う。
4. 綾テープを接着する。幅を二つに折って間に裁ほう上手を塗って貼りあわせ、アイロンをあてる。同じようにして、のりしろ部分で柄生地に貼り付ける。
5. 本体生地と柄生地の短いのりしろを貼りあわせる。
6. 本体生地のポケット口の脇ののりしろに裁ほう上手を塗り、折り線で折って接着する。
7. 本体生地と柄生地を合わせ、のりしろ同士を順番に貼りあわせる。2枚のポケット口はぴったり合わせる(ポケットティッシュケースになる)。
8. ポケット口になっているところを、折って本体生地に貼りあわせる。ハンカチを入れるところが出来上がる。
9. 両面ファスナー(両面テープ)を付ける。
10. 綾テープにポケットバッグ用クリップを付ける。12時間使わないで放置する。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 入園準備 裁ほう上手 ボンドを使って移動ポケットを作る方法♪まとめ

綾テープとは、綾織という織り方の布テープのことで、エプロンのひもや小さな布バッグの持ち手など、いろんなところに使われています。100円ショップでも購入できます。もし見つけられなかったら、他の織り方のものでも、薄手の布テープであれば代用可能と思われます。
裁ほう上手を使って、バッグ等を作ることもできます。縫いものが苦手な人や忙しい人でも、これなら楽しくハンドメイドできますね。4月の新学期まで、まだたくさん時間があります。ゆっくりのんびり楽しんで、入園遊学準備をすすめましょう。