ハンドメイド動画♪ 入園入学準備 簡単ポケットティッシュケースの作り方


入園入学準備の第6弾はポケットティッシュケースです。入園入学準備の必須アイテムではありませんが、ポケットティッシュケースを使う人はなんとなくお上品な感じがするので、ぜひ使ってほしいアイテムです。お子さまだけでなく、大人の方にもおすすめです。
作り方は、長方形の布にアイロンをあてて折って端を縫うだけなので、とても簡単です。フタとポケットが付いているタイプで、ポケットには絆創膏なんかも入れておけます。よろしければ、挑戦してみてください。

[材料と道具]

 好きな柄の布  …14.5cm×60cm
 待ち針
 定規
 アイロン

[作り方]
1. 布を設計図の通りに折りたたんで、アイロンで折り目を付ける。
 
2. 布の両端の斜線が引いてある部分を、三つ折りにしてミシンで縫う(三つ折りの線は設計図に描かれていないので、自分で三つ折りにする)。
 
3. 三つ折りしたところがティッシュを出し入れするところになるので、ここをきちんと合わせて、折り目の通りにたたんで、待ち針でとめる。
 
4. 両脇を布の端から1cmのところで真っすぐ縫う。
 
5. ひっくり返して表にかえす。角は針などを使って引っ張り出す。

完成です♪

たたんで両脇を縫ってひっくり返すだけなので、すぐ出来上がるのがうれしいですね。
入園入学準備グッズ、次は何を紹介しようかな?そろそろ終わりかな?

と思いつつ、今さらながらネットで調べてみました。バッグや体操服入れは昔から変わりませんが、ちょっと驚いたのは給食用ハンカチと給食用ナプキン(ランチョンマット)。
学校にもよるようですが、給食用ハンカチは普段使いのハンカチと別にするように指示があるため。
給食用ナプキンのほうは、給食用のトレイやお盆が廃止されたために使用するようになったらしいです。
トレイやお盆がないとは…。配膳はどうやってるんだろう。

また、防災頭巾もリストの中にありました。
私が子供の頃(数十年前)もリストの中に入っていましたが、実際に用意している子は一人もいなかったと思います。
防災頭巾については、防災目的で用意するなら、頭巾ではなくヘルメットではないかという議論もあるようです。
でもヘルメットは費用がかかるし、置く場所もない。近年の災害の多さを考えると、何も用意しないのもどうかと思うし、頭巾でも全く役に立たない訳ではない、という感じのようです。
う~ん、なんかちょっと歯がゆいですね。折りたたみ式のヘルメットというものもありますが、強度やコンパクトさの点でダメなのかな。
十分な性能を備えていることが前提ですが、行政で学校の備品として用意すればいいのにとも思いますが…。
4月からの新入生さんの入園入学準備に本腰を入れる時期かと思います。でもまだ慌てなくても大丈夫。楽しみながら、市販品も上手に利用して、着々と入園入学準備を推し進めましょう♪