ハンドメイド動画♪ 入園入学準備に キルティングのレッスンバッグの作り方♪


入園入学準備第2弾♪ 今回はキルティングのレッスンバッグの作り方をご紹介いたします。シンプルな形の手さげバッグなので、体操服を入れたり、教科書やドリルを入れたりと、何にでも使えます。こんな感じの手さげバッグは幼稚園児や小学生の必須アイテムですね。出来上がりの寸法は、だいたい縦37cm×横47cm、マチ2cmです。

動画ではミシンを使っていますが、手縫いでも作れる大きさです。ただ、布の端に、ほつれ止めのかがり縫いなどをしたほうが良いのですが、それが大変かもしれません。
保育園や幼稚園児、小学生になられるお子さまやお孫さまにいかがでしょうか。もちろん、それ以外の方のためにも。よろしければ、ぜひ挑戦してください。

[材料と道具]

 キルティング生地 80cm×50cm
 持ち手用テープ  72cm
 薄手綿テープ   100~110cm
 アイロン
 

[作り方]

1. キルティング生地を40cm×50cmに2枚切る。
2. 上辺を1.5cm折って、アイロンでしっかり癖を付ける。
3. 持ち手用テープを36cmに2本切る。
4. キルティング生地の中央から、左右6cmずつ合計12cmあけたところに、持ち手を仮縫いする。
5. キルティング生地2枚を中表に合わせて、底の部分を縫い代1.5cmで縫う。布の端にほつれ止めの処理がされていない場合はロックミシンかジグザグミシンをかける。
6. 両脇を縫い代1.5cmで縫う。底の縫い代は両側に開いて縫う。布の端に、ほつれ止めのロックミシンかジグザグミシンをかける。
7. 上辺の折ったところに綿テープを縫い付ける。待ち針やしつけ縫いをしても良い。持ち手が付いているところは返し縫いをする。綿テープの端は、折って重ねる。
8. マチを作る。バッグを裏にして 、底の角のとんがりから2cmのところを、直角三角形になるように縫う。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ 入園入学準備に キルティングのレッスンバッグの作り方♪まとめ

もしも、手縫いされる場合などで、縫う部分をできるだけ少なくしたい時は、方向性のない柄の布を選んで底の部分を輪にして作ると、底を縫う手間が省略できます。
底を輪にできない柄の布を使いたい場合は、脇を輪にしても良いと思います。仕上がりの美しさを重視される方からはNGを出されるかもしれませんが…。でも、お子さまからのリクエストなどで、どうしてもこの布を使いたいけど手縫いだから脇を輪にしたい、ということもあると思います。脇を輪にすると、片方の脇は縫われていて、もう片方は縫われていないという仕上がりになりますが、別にそんなに変じゃありません。ハンドメイドをしているとついつい完璧さを追求しがちですが、おおらかに行きましょう。
春が確実に近づいています。ハンドメイドをゆっくり楽しみながら、毎日をお過ごしください。