ハンドメイド動画♪ ベビーミトンとスタイ(よだれかけ)の作り方♪ 簡単

今回は、ハンドメイドできる赤ちゃん用品として、ベビーミトンとよだれかけの作り方をご紹介いたします。動画は別々です。
先輩ママ達が、ハンドメイドして良かった赤ちゃん用品にあげることが多い、この2アイテム。比較的作るのが簡単なので、初心者の方でも作れます。
手作りのベビーグッズは温かみがありますし、コスト的にも安く抑えることができます。ぜひ挑戦してみてください。

☆ベビーミトン

[材料と道具]

 綿素材などの布
 ウエスト用のゴム(細いもの)

[作り方]

1. 布を縦10cm×横8cmくらいのアーチ型に4枚カットする。
2. 2枚ずつ中表に合わせて入口以外の部分を縫い合わせる。端にジグザグミシンをかける。
3. 手首の部分を三つ折りにして、フチを縫う。
4. 三つ折りにした部分の上側を、ゴム通し口になるところを1cmくらい残して縫う。
5. 赤ちゃんの手首まわりに合った長さのゴムを入れ、端を縫い合わせる。

完成です♪

ハンドメイド動画:ベビーミトンまとめ

指を入れるところがありませんが、生まれてすぐの赤ちゃんが自分で顔などをひっかいてしまうのを防ぐためのミトンなので、この形でOKです。
ひっかき癖がある赤ちゃんには必需品で、おしゃぶり代わりにしゃぶってしまう場合などは、何枚か替えもあったほうが良いようです。

☆スタイ(よだれかけ)

[材料と道具]

 表布、裏布
 マジックテープ
 型紙用の紙

[作り方]

1. 動画を参考にして型紙を自作する。表布と裏布に型を写して、縫い代を入れて裁断する。
2. 裁断した表布と裏布を中表に合わせて、返し口を残して縫い合わせる。
3. 余分な縫い代を切り落とし、カーブのところには切込みを入れる。糸まで切らないように注意する。
4. 返し口から表にかえし、アイロンで形を整える。
5. 全体の端にステッチをかける。返し口はこのステッチで縫い綴じる。
6. マジックテープを適当な大きさに切り、角に丸みを付ける。糸は目立たない色のものを選らんで、よだれかけの帯の部分に、ギザギザが付いているほうが上向き、フワフワの方が下向きになるように縫い付ける。
7. お好みでリボンやレースなどを付けてもいい。

完成です♪

ハンドメイド動画:スタイ(よだれかけ)まとめ

よだれかけが必要になるのは、だいたい3~4か月くらいから。よだれの量が多い赤ちゃんには、何枚かあったほうがいいようです。個人差もあるので、様子を見ながら、足りなければ買い足すか作るかしましょう。

ハンドメイドして良かった赤ちゃん用品ですが、ミトンとスタイの他には、ベビー服や肌着、ベビードレス等が多くあげられています。こちらは上級者向きですね。他にはぬいぐるみやガラガラ、ガーゼのハンカチなども。皆さん、たくさん作っていらっしゃいますね。でも、頑張りすぎは禁物です。市販品とうまく組み合わせて、無理のない範囲で楽しんで作りましょうね。