ハンドメイド動画♪ フォークで作るラブリー&キュートなうさぎの動物ポンポン♪


今回は、うさぎの動物ポンポンの作り方をご紹介いたします。作成途中のおにぎり型のポンポンが、なんだか妙にかわいらしいです。
耳の形は、お好みでロップイヤーのタレ耳にも、ピンと立った耳にもできます。
以前、厚紙で作ったテンプレートに毛糸を巻き付けて作る猫のポンポンをご紹介しましたが、今回の作品はフォークに毛糸を巻き付けて作ります。
 
どちらも身近な道具を使って作れるのが嬉しいですね。
 
最後のほうに、おまけとしてプードルの作り方もあります。こちらもかわいいです。
ぜひ、挑戦してみてください。
※参考記事:ハンドメイド♪ 厚紙の型で作るポンポンの猫♪ いろんな種類の猫が作れます♪ 動物ぽんぽん

[材料と道具]

 大きめのフォーク
 クリップ  …フォークの幅に合うサイズ
 並太毛糸  …クリーム色、ベージュ
 フェルト  …ベージュ
 ハサミ
 羊毛    …茶色(口用。刺繍糸と針でも良い)
 フェルティング用のニードル
 ワイヤー  …どんなものでも良い。動画では直径1mmのものを使用
 ニッパー、ペンチ
 さし目   …5mm 2個
 ブローチ用金具
 手芸用ボンド

[作り方]

1. フォークの歯の真ん中あたりにクリップをとめる。
 
2. フォークにクリーム色の毛糸を30回ほど巻く。
 
3. 巻き終わったらクリップをフォークの先端のほうにずらして、クリーム色の毛糸の隣に、ベージュの毛糸を50~60回巻く。
 
4. 巻き付けた毛糸をフォークの真ん中にギュッと寄せて、クリップを外す。15cmくらいに切ったワイヤーで毛糸の真ん中をきつくとめてフォークから外す。フォークから外した後、ワイヤーが緩いようならペンチなどでワイヤーをねじって、できるだけきつくとめる。余分なワイヤーを切り、危なくないように先端を丸く曲げて中心に向けて倒す。
 
5. 毛糸の束の両端の輪を切る。糸くずが出るので、トレーなどの上でやると良い。
 
6. クリーム色の部分を下にして、全体を三角形(おむすび型)に形を整える。
 
7. クリーム色の部分(あごになる)に溝を付けて、逆さ向きのハート形のような形にする。裏側はブローチピンが付けられるように平らにする。
 
8. 耳を作る。ベージュのフェルトを1.5cm×3.5cmくらいの大きさに2枚切り、重ね合わせて耳の形に切る。大きさは顔の形に合わせて調節する。
 
9. 耳の根元を半分に折って、ボンドで本体のワイヤーに接着する。
 
10. さし目をボンドで付ける。
 
11. 茶色の羊毛を少量取り、ねじってこよりにしてから、フェルティング用のニードルで刺してバツ印に付ける。お好みでリボン等の飾りを付ける。
 
12. 後ろにブローチ用の金具をつける。小さいピンを使う場合は、楕円形に切ったフェルトを縫い付けるとボンドで付けやすい。
 
13. (おまけ)プードルはこげ茶の毛糸を80~90回巻いてポンポンを作り、顔は横長の楕円形に、その周りの耳と頭が三つ葉のクローバーの形になるように整える。鼻先に立体感を出し、耳はしずく形に整える。目は5mm、鼻は4mmのさし目で付ける。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ フォークで作るラブリー&キュートなうさぎの動物ポンポン♪まとめ

バランスを取るために、かなり細かくカットして形を作っているようですね。かわいく見えるためのポイントは鼻や口元でしょうか。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください!