ハンドメイド♪ サンタさんのお菓子ボックスの作り方♪ ペットボトル工作

今回はサンタさんのお菓子ボックスの作り方をご紹介いたします。下がり眉のサンタさんの顔がちょっとユーモラスです。
頭を持ち上げると、ペットボトルで出来た体の中にはお菓子が入っています。
 
持っている袋の中もお菓子がぎっしり。
 
クリスマスにこんなかわいいサンタさんがあったら、お子様にとても喜ばれそうですね。
子供の頃、一番嬉しいクリスマスプレゼントはお菓子が入ったボール紙製の長靴でした。
お子様のいる方もいない方も、かわいいサンタさんのお菓子ボックスをぜひ作ってみてくださいね。

[材料と道具]

 ペットボトル       2本
 フェルト生地       赤、白
 スポンジフォーム     赤(厚紙などで代用可能)、金色(折り紙やフェルトなどで代用可能)
 ビニールテープ      黒
 発泡スチロールのボール  顔用と帽子用…顔用はペットボトルの直径(標準6cm)より少し大きめのもの
 アクリル絵の具
 オレンジ色の小さな布の玉
 黒のマジック
 グルーガン、または接着剤
 木工用ボンド
 かわいい柄のペーパーナプキン
 リボン

[作り方]

1. ペットボトルは2本とも上の部分を切り取る。
 
2. 2本のペットボトルのうちの1本を使って、まずサンタを作る。スポンジフォームをペットボトルを包み込める大きさに切り、表面に木工用ボンドをまんべんなく塗って、同じ大きさの赤いフェルトを貼り付ける。これをペットボトルに貼り付ける。
 
3. 2.の下の部分に、細長く切った白いフェルトを貼り付ける。上の部分には襟の形に切った白いフェルトを貼る。
 
4. 黒色のビニールテープを巻いてベルトを作る。金色のスポンジフォームでベルトのバックルを作って付ける。
 
5. 顔用の発泡スチロールボールをアクリル絵の具で肌色に塗る。竹串を刺して行うと塗りやすい。白いフェルトでヒゲと眉毛を作って、ふちを黒いペンで染める。
 
6. 顔にヒゲを接着する。赤いフェルトで小さな円形(口)を作って接着する。オレンジ色の小さな布の玉をヒゲの上に接着する(鼻)。
 
7. 赤いフェルトで帽子を作る。頭の大きさに合わせてフェルトを三角形に切り、裾に白いフェルトを貼ってから帽子の形にする。接着剤で頭に貼り付け、帽子の先を折る。
 
8. 黒いアクリル絵の具で目を描き、眉毛を貼る。
 
9. 帽子の先端を少し切って、小さな発泡スチロールボールを接着する。
 
10. 体の中にキャンディやチョコレートを入れて、頭を乗せる。
 
11. サンタの袋を作る。1.のペットボトルにお菓子を入れてペーパーナプキンで包む。ペーパーパプキンは下の白い紙をはがして、絵が描いてある一番上の紙だけを使う。リボンで結んで形を整える。

完成です♪

ハンドメイド♪ サンタさんのお菓子ボックスの作り方♪ ペットボトル工作まとめ

スポンジフォームですが、おそらくアメリカではハンドメイドの材料として一般的に使われているのだと思いますが、日本では一般的でないので厚紙等で代用してください。
 
実はもうひとつ、材料の中で入手するのにエネルギーを要するものがあります。
それは顔用の発泡スチロールのボールです。
 
手芸店で購入することができますが、他の材料に比べると売っているお店が限られていますので、ボール等を紙や布で包んだものや(これなら着色もできます)、靴下などに綿を詰めたもので代用することも可能です。
 
新品の靴下を使う場合は、ちょっと大変かもしれませんが接着剤を使わないで作るとシーズン終了後に靴下を履くことができます!
一度サンタさんになった靴下は、幸運を呼ぶラッキーアイテムかも…。
 
それでは、ハンドメイドを楽しんで、素敵なクリスマスをお過ごしください。