ハンドメイド動画♪ ガーデニングにいかが?ペットボトルで作る白鳥のプランター♪


今回ご紹介するハンドメイドは、ロシアから投稿された作品、ペットボトルで作る白鳥のプランターです。
考えてみれば、白鳥は日本では冬の鳥ですが、ロシアでは夏の鳥なんですよね。
 
緑の葉っぱが生い茂って、野の花も咲いていて、蝶々とかトンボとかカエルとかがいる中に白鳥もいて、繁殖期だから卵を産んでヒナがかえってるんですよね。
日本とはちょっと違う夏の風景…ロシアの夏はダイナミックなんだろうなあ。
 
白鳥みたいな大きい野鳥が、その辺の川とか池とかで子育てしてると想像すると…。
 
白鳥って、大きいだけあって鳴き声もうるさいし、意外と狂暴なんですよ。
材料に石膏が使われていますが、取り扱いが難しいようなので、石膏を使った経験がない方は、代わりに粘土(耐水性のあるもの)などで作ったほうが良いかもしれません。
ぜひ、優美な白鳥型のプランターを手作りして、ガーデニングを楽しんでください。

[材料と道具]

 ペットボトル
 ワイヤー
 ワイヤー製の網
 石膏
 ガーゼ
 筆
 ペンキなどの耐水性のある塗料
 必要に応じて粘土ベラやサンドペーパー
 

[作り方]

1. ペットボトルの容器を切り開き、太いワイヤーを白鳥の首の形に曲げてフタの部分に固定する。底に穴を開ける手順は特にないようだが、開けたい場合は開ける。また、動画ではペットボトルの中に砂か何かが詰めてられているが、完成後は取り除いていると思われる(変形防止?)。
 
2. ペットボトルの外側に石膏を貼り付けて、胴体の形をおおまかに作る。
 
3. 網を翼の位置に付け、表面に石膏を貼り付ける。
 
4. 首や頭に石膏を貼り付け、その上からガーゼを巻く。
 
5. 翼や尾などのおおまかなラインを作り、首や頭はガーゼの上からさらに石膏を付けて形を作っていく。
 
6. (おそらく何度か乾燥をはさみながら)羽根や頭部などの細かいラインを作り、全体を仕上げる。
 
7. 乾燥させた後、表面に色を塗り、目やクチバシを描く。

完成です♪

ハンドメイド動画♪ ガーデニングにいかが?ペットボトルで作る白鳥のプランター♪まとめ

白鳥の羽根の感じとか、首の曲線などが美しいですね。石膏の表面が凸凹しているようなら、仕上げにサンドペーパーをかけて滑らかにすると良いようです。
 
ロシアのお宅のお庭、結構広そうですね。はっきりとは分かりませんが、アメリカと同じくらいでしょうか?ガーデニング等も盛んなようで、この作品の他にも、プランターやお庭に飾るオーナメント等を手作りする動画がたくさん投稿されていました。冬はとても寒そうだけど、夏はガーデニングが楽しめる気候のようですね。
 
そう言えば、ロシアの公園には白鳥型のボートはあるのかな。あれは結構いろんな国にあるらしいです。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日をお過ごしください!