ハンドメイド動画♪ そろそろ入園入学準備 シューズバッグ(上履き入れ)の作り方♪

ちょっと早いかもしれませんが、保育園や幼稚園、小学校の入園入学準備のためのグッズの作り方をご紹介したいと思います。
今回は、シューズバッグ(上履き入れ)です。出来上がりサイズは横16cm×縦26cm×マチ6cmです。
ミシンがあると便利ですが、このくらいの大きさなら手縫いでも作ることができます。初心者の方も挑戦できる範囲の難易度です。

動画のコメント欄に記載されているHPから、布の寸法や詳しい作り方が書かれたページをダウンロードすることができますが、単純なバッグですので、慣れている人なら動画だけで作成が可能です。
本文で縫い代の寸法などを補足しております。
4月から新入生のお子さまやお孫さまに。また、今年新入生ではないけれど、シューズバックを新調する必要のあるお子さまに。よろしければ、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 表布、裏布   …24cm×64cm 1枚ずつ
 持ち手用テープ …2.5cm幅 9cm、29cm 1本ずつ
 Dカン     …2.5cm用 1個
 アイロン
 

[作り方]

1. 表布と裏布にチャコペン等で縫い線を書く。それぞれ布を中表に半分に折り、両方の脇に1cmずつ、袋の口に3cmの縫い代をとって縫い線を書く。
 
2. まず、表布を縫う。待ち針を縫い線の上にうち、両脇を縫う。
 
3. 縫ったところの縫い代をわってアイロンをかける。マチ部分を三角につまんで待ち針をうつ。この時、三角形の底辺(=マチの厚み)が左右3cmずつ、合計6cmになるようにする。マチ部分を縫い、縫い代を1cm残してカットする。
 
4. 袋の口部分を縫い線まで折ってアイロンをかける。裏布も同様に作る。
 
5. 表布を表にかえし、中に裏布を入れる。脇の縫い目を合わせて待ち針をうつ。
 
6. 袋の口の真ん中(定規で測ってチャコペン等で印を付けても良い)の表布と裏布の間に、29cmの持ち手用のテープを半分に折って3cmの深さではさむ。もう片方には、9cmの持ち手用テープにDカンを通し、半分に折って3cmの深さではさむ。ふたつとも待ち針をうち、しつけ糸で縫って仮どめする。
 
7. 袋の口の端っこから0.2cmのところを1周縫う。持ち手も一緒に縫いこむ。
 
8. 袋の口から2.5cmのところをもう1周縫う。

しつけ糸を外せば完成です♪

ハンドメイド動画♪ そろそろ入園入学準備 シューズバッグ(上履き入れ)の作り方♪

バッグ等の布製の通園通学グッズは、ハンドメイドするとローコストです。しかも温かみのあるかわいいものが簡単に出来上がります。
最近は、100円ショップで手芸の材料がほとんど手に入るようになったのも嬉しいですね。

Dカンなども、この間行ったら、プラスチック製ですが赤やピンクのかわいいものが売っていました。バッグ等を作る予定はないのですが、ちょっと欲しいと思ってしまいました。
それでは、もうすぐ3月。ハンドメイドを楽しみながら、ゆっくりと入園入学準備を進めましょう。