ハンドメイド動画♪ かぎ針編み おもちゃみたいでかわいいミニバッグの編み方♪ 簡単


 
今回ご紹介するのは、おもちゃみたいなミニバッグ(コインケース)です。目数を数える必要もなく、ただグルグル編んでいくだけなので、簡単に編むことができます。
余っている糸がある時や、大きなものでなく何かちょっとだけ編みたい時などにもいかがでしょうか。
 
こういう作品を大人の人が使う場合は、実用するよりもチャームや飾りとして使うのがおしゃれかもしれませんね。いつも使っているバッグに、自分で作ったミニバッグのチャームを付けて。あめ玉なんかこっそり入れちゃってたりして。ぜひ、作ってみてください!
 

[材料と道具]

 コットンやアクリル、ウール等の糸
 糸に合った太さの編み針
 ボタン
 段数マーカー、または代用の短い糸
 毛糸針
 キーチェーン(金具)

[作り方]
1. (参考までに、この作品で使われている糸は中細のコットン糸)まず、鎖編みを11目編む。鎖編みの目数は、作りたいバッグの幅に合わせて増減する。
 
2. 編み地を返し、最後から2番目の目に針を入れて細編みを編む。その次の目以降に細編みを1目ずつ編み、最後まで来たら、最後の目にもう1目細編みを編む。
 
3. Uターンして鎖編みの反対側の、2番目の目から細編みを1目ずつ編む。この時、糸端を編みくるみながら編み、ある程度のところでカットする。最後の目には細編みを2目編む。
 
4. 段数マーカー代わりの短い糸を挟んで、一番初めに編んだ細編みの頭に針を入れ、細編みを1目ずつ編んでいく。目印は段が増えるごとに付け直す。
 
5. 約7~8割くらいまで編んだところで、ボタンホールを作る。ボタンホールを開けるところは鎖編みで編む。鎖編みの目の数は、ボタンの大きさに合わせる(動画では2目)。
 
6. そのまま最後まで編む。ボタンホールの上は、鎖編みの頭2本に針を入れて細編みを編む。
 
7. 編み終わったら、引き抜き編みを2目編んで糸を切る。ちなみに、動画では全部で10段編んでいる。編みあがったバックは、裏表どちらを出しても良い。
 
8. 毛糸針に糸を通し、バッグの内側のボタンホールの位置にボタンを付ける。糸端は裏で結んで編み地に編みこむ。
 
9. 持ち手を編む。新しい糸で鎖編みを19目編み(目数はバランスを見て増減する)、編み地を返して最後から2番目の目以降の目に細編みを編む。編み終わったら、ある程度の長さを残して糸を切り、毛糸針を通してバッグに持ち手をしっかりと縫い付ける。
 
10. キーチェーンを好きな方法で付ける。

完成です♪

日本で広く知られている編み方と、ちょっと違うところがあります。大きな差はありませんが、気になる場合は日本式の編み方に直して編んでください。
 
また、この作品の作り手さんは、中細の糸を5mm(8号)のかぎ針で編んでいます。これは一般的な糸とかぎ針の組み合わせと比べると、かなり太い針です。編み物上級者の方のようなので、自分の癖や糸の特性などを知ったうえで針を選んでいるのだと思います。勉強になりますね。
 
私の手元には、今年の初めに大量に買ったコットンの糸がまだいっぱい余ってます…。季節的に、ウールやアクリルの糸を購入したい気分になってるんですが、やっぱりこれはしばらくお預けかしら?でも、欲求を押さえられないかも…。それでは、皆さまも楽しい編みものライフを♪