ハンドメイド♪ 頑固な手荒れも治るかも?緑茶ハンドクリームの作り方♪ 手作りコスメ

今回のハンドメイドは、緑茶のハンドクリームの作り方をご紹介いたします。
なんと、海外の方が投稿された作品です。緑茶は海外でも好まれているようですね。
 
こちらのハンドクリームは、オイルに水を加えて、ハンドミキサーで撹拌して乳化させています。
マヨネーズの作り方と同じですね。普通の泡立て器でやったら大変だろうなあ…。できないことはないと思いますが、学校の家庭科でやった時にかなり大変だった思い出があります。
 
エッセンシャルオイルはお好みで。お肌に直接塗るものなので、刺激の少ないものを選んでください。柑橘系は光毒性があるので、日中に使うクリームには入れないようにしましょう。
濃厚なクリームとのことです。手だけでなく、全身に使ってもよろしいかと思います。ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 好きなオイル(サンフラワー、オリーブ、アーモンド等)…大さじ3
 緑茶   …ティーバック1個分
 ミツロウ …大さじ1
 精製水かミネラルウォーター …大さじ1
 好みのエッセンシャルオイル …15滴
 耐熱容器
 湯煎用の鍋またはティーライトウォーマー
 ハンドミキサー
 温度計
 計量スプーン
 保存容器

[作り方]

1. オリーブオイルやアーモンドオイル等のオイルを耐熱容器に入れ、その中にティーバック1個分の緑茶を入れる。
 
2. 湯煎やティーライトウォーマー(お茶が冷めないようにロウソク等で温める器具)等で、低い温度で約1時間温める。
 
3. オイルを漉してミツロウを加え、再び耐熱容器に入れる。
 
4. ミツロウが溶けるまで、再度加熱する。
 
5. ミツロウが溶けたら火からおろして、40℃まで冷ます。冷めたらハンドミキサー等で、34℃になるまで撹拌する。
 
6. 精製水かミネラルウォーターを、全体が白っぽい色になるまで撹拌しながら少しずつ混ぜる。
 
7. 好みのエッセンシャルオイルを撹拌しながら混ぜる。自分の肌に合ったものを選ぶこと。
 
8. 保存容器に移す。冷蔵庫で3~6か月くらい保存できる。

完成です♪

ハンドメイド♪ 頑固な手荒れも治るかも?緑茶ハンドクリームの作り方♪ 手作りコスメまとめ

容器や器具は事前にきれいに洗って、煮沸消毒またはアルコール消毒してから使うことをお勧めします。
 
オイルに緑茶を入れて温めることで、わずか1時間で緑茶のエキスをオイルに浸出させています。これはおそらく、普通にオイル漬けにすると2~4週間くらいかかるところを、加熱すれば1時間で出来あがるということだと思います。急いで作りたい時には便利な方法ですね。
 
緑茶は抗菌作用があるので、手湿疹に効くかも?と思いながら、この記事を書いていました。書きながら気付いたのですが、緑茶の代わりにカモミールやカレンデュラ(キンセンカ)で作っても良いかもしれませんね。効能もちょっとは期待していますが、何よりも作ること自体が楽しそうです♪カレンデュラオイル等は市販のものは高価だし。アメリカ人の如くに(アメリカ人はスキンケアにオイルを使う人が多いそうです)、ハーバルオイルライフもいいかもしれませんね。