ハンドメイド♪ 西洋ではクリスマスモチーフ コマドリの指輪の作り方♪ ポリマークレイ


ご紹介するのは、ポリマークレイで作るコマドリの指輪です。小さなサイズのコマドリのモチーフが、ポリマークレイで生き生きと作られています。
最終的には指輪になっていますが、他のアクセサリーにしても素敵ですね。
 
マザー・グースの恐ろしい詩でも有名なこのコマドリ、日本ではそんなに馴染みがありませんが、イギリスでは最も身近な野鳥で、正式ではないそうですが国鳥と認識されているそうです。
 
また、コマドリはクリスマスの鳥でもあります。
 
昔は、コマドリが新年の魂を宿していて、ミソサザイが旧年の魂を宿しているとされ、クリスマスや翌日の聖ステファノの日(12月26日)には、ミソサザイ狩りが行われていたそうです。
でも、クリスマスカードに描かれるのはコマドリのほう。ミソサザイがかわいそうな風習ですね。
 
クリスマスモチーフとしてももちろんですが、鳥が好きな人にもおすすめの作品です。
 
水色の背中と、顔から胸にかけてのオレンジ色の姿が愛らしいコマドリ。ぜひ、作ってみてください。

[材料と道具]

 ポリマークレイ …この作品ではPremoを使用
 細工用のツール
 デザインナイフ
 極小ビーズ   …目用。ポリマークレイで付けても良い
 アクリル絵の具
 台座付きの指輪
 アクセサリー用の接着剤
 オーブン

[作り方]

1. 板状に伸ばしたポリマークレイに、細い棒状のツールで直接コマドリの下絵を描く。
 
2. デザインナイフや細工用のツールでコマドリの形を切り抜く。翼や尾の細かい部分の形も作る。
 
3. 腹部の羽毛などの細かい部分も、細工用のツールで作る。目をビーズで付ける場合は、くぼみを作っておく。ポリマークレイで作る場合は、この時点で付けておく。
 
4. オーブンで加熱して焼き固める(標準は約130度で20~30分くらい)。
 
5. アクリル絵の具で色を塗り、ビーズの目を付ける。仕上げにニスを塗ったほうが良い。
 
6. 接着剤で指輪の台座に接着する。

完成です♪

ハンドメイド♪ 西洋ではクリスマスモチーフ コマドリの指輪の作り方♪ ポリマークレイまとめ

平らに伸ばした粘土の上に、細工用の棒上のツールで直接コマドリの形をスケッチして、切り出していくのですね。技術的な部分が素晴らしいですね。
 
日本のコマドリとイギリスのコマドリは種類が違うそうです。
コマドリには多数の亜種があり、そのせいか、イギリスにいるコマドリは人間を恐れずに平気でそばに寄ってきますが、他のヨーロッパ地域にいるコマドリは、警戒心が強いそうです。
 
なぜイギリスのコマドリだけのんびり屋さん?不思議ですね。
 
また、今回はとあるサイトで気になる記述を発見。
ピーターラビットの挿絵をさして、ここに描かれているのは多分コマドリですよね?とのご指摘。なるほど、確かにコマドリかも!!
 
それだけのことなのに大興奮してしまいました(≧▽≦)!よろしければ、皆さまもピーターラビットの挿絵の中のコマドリ、見つけてみてください。
 
日本でもメジャーな挿絵なので、すぐに見つかるかもしれません♪