ハンドメイド♪ 葉っぱの形のエコたわし/アクリルたわしの作り方♪ 畝編み 意外と簡単!


今回ご紹介するのは、エコたわしに興味がある方ならおそらく一度は目にしたことがあるであろう、葉っぱの形のエコたわしの編み方です。この葉っぱの形、どなたが考案したんでしょうね。
昔からあったモチーフをエコたわしにしているのかな。大人っぽい雰囲気でとても素敵ですよね。こんなエコたわしを水回りにぶら下げておいたら、キッチンやお風呂場がシックな雰囲気になりそうです。
 
意外にも編み方は簡単で、初心者にもおすすめだそうです。黄色っぽい糸で編んだものは紅葉した葉っぱみたいで、秋にぴったりですね。緑色で編むと、春や夏の葉っぱになります。ぜひ、編んでみてください。

[材料と道具]

 アクリル100%の毛糸
 糸の太さにあったかぎ針
 とじ針

[作り方]

1. 作り目をして、鎖編みを11目編む。
 
2. 1段目:立ち上がりの鎖編みを編んでから、鎖編みの1本に針を入れて、細編みを1目に1目ずつ編む。最後の目(11目め)には細編みをもう1目編み、進行方向をUターンして、鎖編みのもう1本に針を入れ、細編みを1目に1目ずつ、あと9目編む。糸端は編みくるむ。
 
3. 2段目:立ち上がりの鎖編みを1目編んで編み地を反転させ、細編みの畝編みを9目編む。1段目の細編みの頭の向こう側の1本のみをすくって編むと畝編みになる。10目め(端っこの目)は1目に3目編む。進行方向をUターンして、葉っぱのもう片側にも細編みの畝編みを9目編む。
 
4. 3段目~11段目:奇数の段は細編みの畝編みを10目編んだら、11目めは1目に3目編み、その後は8目編む。偶数の段は細編みの畝編みを9目編んだら、10目めは1目に3目編み、その後は9目編む。
 
5. 12段目:細編みの畝編み9目編んだら、10目めは1目に3目編むが、2目編んだところでループを作る。鎖編みを10目編み、1目めの裏山に針を入れて引き抜き編みして輪にし、3目めの畝編みを編む。その後は畝編みを9目編む。
 
6. 鎖編みを1目編んでから糸を切り、糸端の始末をする。

完成です♪

ハンドメイド♪ 葉っぱの形のエコたわし/アクリルたわしの作り方♪ 畝編み 意外と簡単!まとめ

最後に突如、猫が出てきましたね(ΦωΦ) 最後で気が緩んでるせいもあって、編み物よりも猫のほうについ気を取られてしまいました。
 
奇数の段と偶数の段で目の数が違うので、数え間違いに注意ですね。細編みだけだし、あとは難しくないと思います。
 
ところで、当方の編み物は少々スランプ気味です。揃った目を編むことがこれほどまでに難しいとは…。さらに長編みが大問題で、頭でっかちになってしまうらしくて編み地が扇形に広がります。なんだか編み物を始めたばかりの頃のほうが、まだマシに編めていたような気が…。癖が出てきちゃったのかな…ああ、なんてこと!!
練習するしかないのでしょうね。編み物の道は険しい…。それでは!