ハンドメイド♪ 花が瓶の中に浮かぶ次世代ハーバリウム♪ フラワーアートリウムの作り方


ドライフラワーを瓶に入れてオイル漬けにした花のインテリア、ハーバリウム。最近、新しいバリエーションのものが開発されたようです。
 
その名も「フラワーアートリウム」です。
 
今までのハーバリウムとどんなふうに違うのかというと、小さなドライフラワーで作られたハート形などのモチーフが、瓶の中に浮かんで見えるようになっています。
 
支えの棒やぶら下げの糸などは見えません。実はこれ、透明なシートが使われています。これを考えた方はナイスアイディアですね。
フラワーアートリウムに使われるオイルと透明シートは専用のものが市販されているようですが、ベビーオイルとプラ板で代用している方もいらっしゃいます。ただし、専用のもののほうが透明度が高く、仕上がりが良いかもしれません。
 
今までとはちょっと違ったハーバリウム。いろんな楽しみ方があって楽しいですね。これを機会に挑戦してみてください。

[材料と道具]

 花材
 ハーバリウム用オイル
 ガラス瓶
 定規
 はさみ
 カッターナイフ
 型紙用の紙  …少しコシのある紙、普通の紙
 浮游花シート
 接着剤    …この作品ではセメダインスーパーXG、X2を使用
 ピンセット
 マスキングテープ
 綿棒
 爪楊枝
 ウェットティッシュ

[作り方]

1. 瓶の高さと幅を測り、ガラスの厚みを3mm程度と想定して外寸から内寸のおよその見当を付ける。
 
2. 図ったサイズを基に、少しコシのある紙に型を描き、切り抜く。瓶の中に入れてサイズを確認し、少しずつ調整する。瓶の中で傾かずに自立する、瓶の内側ギリギリの大きさが理想。これが一番大変な作業とのこと。
 
3. 型が決まったら、別の紙にふちをなぞって写す。
 
4. 写した紙に浮游花シートを重ねて、カッターナイフで切り抜く。
 
5. 花材のレイアウトの図案を紙に描く。円柱の瓶を使う時は、光が屈折して中のものが膨張して見えるので、3割程度ヤセ形に描くのがポイント。
 
6. 下絵の上に花材を配置して、イメージを決める。
 
7. イメージが決まったら、4.で切り抜いた浮游花シートに接着剤で花材を貼り付ける。下絵の上に浮游花シートを重ねて行う。
 
8. 必要に応じて、裏面にも貼り付ける。終了したら、接着剤を完全に乾燥させる。
 
9. 仕上がったシートを慎重に瓶に入れ、オイルを静かに注ぐ。しばらく時間を置いて、気泡が抜けてから蓋を閉める。

完成です♪
「ハーバリウム」は、もともとは英語で植物標本という意味なのですが、これはもう標本じゃなくなっていますね。あっ、だから「フラワーアートリウム」という名前になったのかも??
 
なにはともあれ、これはなんともかわいいですね!それに作るのも面白そう。シートの上に小さなドライフラワーを配置する作業なんて、細かい作業が得意な方のツボにはまりそうです。
やはりシートのカッティングが大事な作業になりますね。ズルしてシートと瓶を接着剤でくっ付けちゃえ~とか、ダメかしら。シートの端っことか、見えちゃうのかな?