ハンドメイド♪ 縫って作るポンポン2作品♪ ファーポンポン&フリルボンボン 簡単♪

今回は、縫って作るポンポンを2作品ご紹介いたします。ひとつめはファー生地で作るポンポン、ふたつめはリボンで作るフリルボンボンです。
どちらも簡単に作れて、かわいらしい作品です。
 
バッグチャームやキーホルダー、アクセサリー等、いろんなところに使えそうな作品です。
余っている生地で作ることもできますので、ちょっとこの部分に何か飾りを付けたいな、という時などに、活用してみてください。
 
作品を引き立てる素敵なワンポイントになります。
 

☆ファーポンポン

[材料と道具]

 ファー生地
 詰め物の綿
 2重カン
 長めの針

[作り方]

1. ファーの毛並みを揃えてから、毛並みに沿って生地を正方形にカットする。
 
2. 一辺を3等分して、角に斜めの線をひいてカットして、八角形にする。
 
3. 糸を2本取りにして、3回玉留めしてから、周囲を円形にぐし縫いする。
 
4. 糸を引き締めて綿を詰め、口を閉じる。糸の根元に針を刺して反対側に出し、毛を巻き込まないように紙を通して玉留めする。
 
5. 再度、反対側に糸を出し、2重カンを通して、また反対側で玉留めする。2重カンでチャーム等の金具に繋ぐ。

完成です♪
一枚の布で作れることに驚きですね!これからの季節のアクセサリーに大活躍しそうです。

☆フリルボンボン

[材料と道具]

 リボン …幅3cm、長さ30~40cmくらい 数本
 レース  …幅2.5~3cm、長さ30~40cmくらい 数本
 ヤーン(毛糸など) …長さ1~2m 2本
 段ボール片
 手芸用ボンド

[作り方]

1. リボンの長辺のきわから5mmくらいのところをぐし縫いして、ギャザーを寄せる。糸を引いてギリギリまで縮めたら、玉留めする。
 
2. 両端を5mm重ねて縫って、丸い形にする。真ん中の隙間が大きい場合は、対角線上に糸を数回渡して、隙間を縫い縮める。
 
3. 同じようにして、丸いパーツをあと3個作る。動画と同じように作る場合は、リボンで作ったもの2個、レースで作ったもの2個が必要。
 
4. 4個の丸いパーツを布2個、レース2個の順に重ね、中心に糸を通す。しっかり引きながら3~5往復させる。玉留めして糸を切り、形を整える。
 
5. もうひとつ、ヤーンが入ったボンボンを作る。6cmの幅の段ボール片にヤーンを2本一緒に巻き、そっと外す。真ん中に糸を6~7重に巻き付け、きつめに縛り、結び目に少量のボンドを塗って余分な糸を切る。
 
6. ヤーンの束の、わになった部分をはさみで切り、広げて平らにする。端を切りそろえて丸い形に整える。
 
7. リボンやレースで作った丸いパーツを他に3個用意する。4個を重ねて中心に針を入れて、しっかり糸を引きながら3~5往復させ、玉留めする。

完成です♪

布とレースとヤーンの組み合わせがかわいいですね。ボンボンとポンポンの違いですが、ポンポンはフランス語(pompon)、ボンボンは英語の発音だそうです。
こちらの動画はキットか何かの説明動画のようです。リボン等の寸法は映像から推定しました。また、材料もリボンとしましたが、布を細く切ったものを使っているかもしれません。
 
両作品とも、大きさやボリューム等を自由にアレンジして作ってくださいね。
それでは、ハンドメイドを楽しんでお過ごしください。