ハンドメイド♪ 簡単 着物地のいちごのストラップ 初心者さんでもOK!


ナチュラルテイストのデザインに一目ぼれしたのですが、動画の概要には、そのお店で販売されている手芸キットの作り方を説明するための動画であるとの記載が…。
当たり前かもしれませんが、このような動画は、手芸キットが手元にあることを想定して作られているので、動画単独では作品を作れないことが多いのです。
でも、あきらめきれなくて、ダメもとで動画を視聴してみました。
すると、作り方自体が簡単なこともあるのかもしれませんが、詳細な作成方法を惜しげもなく公開していらっしゃるではありませんか!

いちごストラップ、作れそうです(*^▽^*)嬉しい♪

こちらの会社は「WATALIS」という宮城県亘理町の会社で、着物地をリメイクした雑貨を製造・販売していらっしゃいます。
ちなみに、いちごは亘理町の特産品です。
可愛らしくて、ちょっと大人っぽさもあるおしゃれな雰囲気は、生地が着物地だからでしょうか?
簡単に作れるので、着物地や和柄の布を探して、作ってみてくださいね(#^ ^#)

[材料]

着物地     赤、ピンク   7cm×11cm 1枚ずつ
緑        5cm×5cm 2枚
刺繍糸     黄色、ピンク
アジアンコード 黄緑    4~5cmくらい 2本
綿                    適量
ストラップの金具              1本

[道具]

型紙用の厚紙、目打ち、手芸用ボンド

[作り方]

1. 生地に、いちごの実の型を写す。動画では、直径8cmの半円の型紙を使っている。写した線の外側に縫い代を1cm取って切り取る。

 
2. 生地に、いちごのタネを刺繍する。刺繍糸を3本取りにして針に通し、玉結びを作ってから始める。布の裏側から針をさし、表で糸を1回絡めて玉止めを作る。糸が出ているところのできるだけ近くに針をさし、生地の裏側で糸を1回絡めて玉止めを作る。これを繰り返して、全てのタネを刺繍する。

 
3. 中おもてに半分に折り、待ち針を打つ。返し縫いをしてから、直線の縫い線を往復して縫う。

 
4. 生地を表に返す。次の作業のために、針を外側に出しておく。

 
5. いちごの実の上の部分を、返し縫いをしてから一周縫う。最後は外側に針が出るようにする。

 
6. 綿を先端まできれいに詰める。量は好みで加減する。

 
7. 糸を引いて、上部を縮めてとじる。縫い代は内側に折り込む。

 
8. いちごのヘタを作る。型を布に写し、その通りに裁断する(縫い代はいらない)。動画では4cm×4cmくらいの星形の型紙を使っている。

 
9. ヘタの中心に、目打ちで穴を開ける。アジアンコードを通し、長さを調整する。

 
10. 新しい針でアジアンコードをヘタに固定する。アジアンコードに針をさし、糸をぐるぐる巻く。もう一度アジアンコードに針をさして、玉止めして糸を切る。

 
11. 実とヘタをつなげる。アジアンコードは7.で縫い縮めた穴に入れるようにする。ヘタに針を入れる時はアジアンコードに入れるようにする。しっかりと縫い付けたら玉止めして糸を切る。

 
12. 手芸用ボンドでヘタを実に貼り付ける。つまようじなどを使って、ヘタ全体にボンドを薄く塗りながら貼り、しばらく手でおさえる。

 
13. 二つ目のいちごも同様に作り、ストラップの金具に付ける。

 
完成です!!♪

ハンドメイド♪ 簡単 着物地のいちごのストラップ 初心者さんでもOK!まとめ

最後の工程で、ヘタにボンドを塗っていますが、ほつれ止めにもなるので、全体にまんべんなく付けたほうが良いと思います☆
ふと、2~3倍くらいの大きさで作ってみたらどうかな、と考えてしまいました。
マンモスいちごが出来上がりますね♪(^ ^)/