ハンドメイド♪ 秋色 葉っぱの模様のクッションカバー ☆簡単☆


まだまだ暑さが残っている地域もあると思いますが、秋色の葉っぱのアップリケ付きクッションカバーをご紹介いたします。
フェルトを使っているので、布の端の処理が不要だからすぐにできちゃいます(*^-^*)

 
こちらの動画は海外から投稿されたものです。説明はすべて英語ですが、字幕のみですので、ヒアリングが得意でない方でも大丈夫です。
動画の中に小型のドライヤー(?)のような道具が出てきますが、これはグルーガンという固形の接着剤を熱で溶かして塗るものです。
 
布や木材など表面がデコボコしているものを接着するのに向いているそうで、日本でも手芸や工芸などの分野で多くの人に使われています。
便利な道具ですが、グルーガンの先端や溶けたグルー(接着剤)は非常に高温になるため取り扱いには注意が必要です。
 
それでは、以下に材料と作り方をまとめましたので、葉っぱの形を自分の好きな形に変えたり、お花に変えてしまったり、自由にアレンジして楽しんで作りましょう!

[材料と道具]

 アップリケ用のフェルト、または綿や麻や絹の生地
 クッションカバー本体用のフェルト生地
 刺繍に使う太めの糸と針
 チャコペン、はさみ
 手芸用の接着剤(動画ではグルーガンを使用)

[作り方]

1. アップリケ用のフェルトを二つ折りにして、ハート形の葉っぱを数枚切り取る。
 
2. クッションカバー用のフェルトにチャコペンで茎の模様を下書きする。
 
3. 1.で切り取った葉っぱを、クッションカバーの上に仮置きしてバランスを見る。付ける位置が決まったら、手芸用の接着剤で接着する。
 
4. 葉っぱの葉脈をチャコペンで下書きしてから、バックステッチで刺繍する。
 
5. 茎を BRAIDED CHAIN STITCH で刺繍する。ステッチの仕方は動画を参照する。
 
6. クッションカバー用のフェルトを中表に折って、入り口と両端を縫う。
 
7. クッションカバーを表に返す。

完成です♪♪

ハンドメイド♪ 秋色 葉っぱの模様のクッションカバー ☆簡単☆まとめ

おしゃれなクッションカバーが、パパツと出来上がってしまった印象ですね♪ アップリケや刺繍の量はそんなに多くないのに、葉っぱや茎の模様がとても映えてみえます。
 
茎を刺繍する時に使われている BRAIDED CHAIN STITCH というステッチですが、日本語のサイトでは検索しても出てきませんでした。
ステッチの仕方は動画を見れば解るので問題はありませんが、日本では使われていないステッチなのでしょうか。
 
こちらの動画は、時間や手間をかけなくてもおしゃれなクッションカバーが作れることに重点を置いているようです。
おそらく、もっと気軽に手芸を楽しみましょうということなのでしょうね(*^-^*)

自分で布を切って、貼り付けて、刺繍した作品はきっとお気に入りになるはずです。
ぜひ、自分だけのクッションカバーを作ってお部屋に飾ってみて下さい♪