ハンドメイド♪ 瓶をフェイクスイーツでデコ 瓶デコ スイーツデコ 中級以上向け☆


「瓶デコって何だ?」と思って、動画を視聴してみたら、ガラス瓶をフェイクの生クリームやビスケットでデコっていました!!

なんて可愛らしいんでしょう!(*^▽^*)

飾り用のビスケットやオレンジ色の小さな粒々は、前もって用意しておいてくださいね。

ちなみに、ビスケットは石粉粘土と紙粘土を混ぜたもの、アイスクリームは紙粘土で作っているそうです。
今回ご登場のグルーガンという道具ですが、スティック状に固められたボンド(グルースティック)を溶かしながら接着していく道具です。
手芸やDIYなどで広く使われていますが、グルーガンの先端周辺や溶けたグルーは大変高温になるので、取り扱いには十分な注意が必要です。

グルースティックには透明のものと色付きのものがあります。
このレシピでは、茶色のグルースティックをフェイクのチョコレートソースとして使っています。

[材料と道具]

ガラス瓶
グルーガン、茶色のグルースティック
木工用ボンド
紙粘土、アクリル絵の具(黄土色)、ニス
飾り用のフェイクスイーツ …生クリーム(このレシピではシリコンを使っているそうです)、
オレンジや黄色の小さな粒々、バニラとココアのビスケット、
アイスクリーム など
お好みでガラス瓶本体に貼るレース柄のテープ

[作り方]

1. グルーガンを使って、ガラス瓶の蓋のふちに、茶色のグルーを溶けたチョコレートに見えるように付ける。
 
2. 蓋の上部の端に、フェイクの生クリームを絞り出して一周させる。
 
3. オレンジ色の小さな粒々を、生クリームの上にバランスよく配置する。
 
4.アイスサンドを作る。 少量の黄土色のアクリル絵の具を粘土(このレシピでは紙粘土を使用)に混ぜてよく練り、ビスケットと同じ大きさに平たく伸ばす。ボンドを塗った2枚のビスケットではさむ。これを3個作る。
(おそらく、ここで生クリームや粘土が乾くまで1~数日おいたほうが良い)
 
5. ボンドで3個のアイスサンドをバランス良く接着する。ボンドが乾いたらニスを塗る。
 
6.  蓋の真ん中にフェイクの生クリームを絞り出し、乾かないうちにアイスサンドを付ける。
 
7. 一番上にアイスクリームを乗せる(ボンドで接着する)。ガラス瓶の本体にレースのテープを張る。
完成です!♪!♪

ハンドメイド♪ 瓶をフェイクスイーツでデコ 瓶デコ スイーツデコ 中級以上向け☆まとめ

リサイクルのガラス瓶が見事に生まれ変わりましたね(#^ ^#)
生クリームやアイスサンドが存在感抜群です。
グルーガンを使って接着剤をチョコレートソースのように盛りつける作業には、容器に印字された文字やイラストを違和感なく隠す効果もあるのでしょうね。

自分でフェイクのアイスクリームやビスケットを作って、身近にあるいろんなものをデコレーションしてみたくなりました( *´艸`)