ハンドメイド♪ 服の上に着るお手軽タイプのハロウィンコスチューム♪ オバケ&かぼちゃ

今回のハンドメイドは、服の上にサッとかぶって着るだけのハロウィンのオバケとかぼちゃのコスチュームです。動画は別々です。ものすごく手が込んだものではなく、ちょっとした仮装の時に使うような感じのものです。ハロウィンの仮装や、ホームパーティーの時にいかがでしょうか?

両作品とも、子供向けとして紹介されていますが、サイズを調整して大人用も作ることができます。
オバケのほうは縫わずに作れます。かぼちゃのほうは、すそを縫うことになっていますが、個人的には省略しても良いのではないかと思っております(丸みを出すためのギャザーは寄せたほうがかわいいと思います)。

このコスチュームなら、オバケとかぼちゃに変身するのも簡単です。ぜひ、楽しいハロウィンのためにご活用くださいませ。

☆白いオバケ

[材料と道具]

 白いフェルト生地   …1~2m
 裏がシールになった黒いフェルト生地
 布用の接着剤

[作り方]

1. 白いフェルト生地で、簡単なポンチョを作る。着る人の肩周りのサイズに合わせてフェルトをカットし、前で両端を重ね合わせて、布用の接着剤で貼り合わせる。
2. ポンチョのすそを、ランダムな波型にカットする。
3. 黒いフェルトでオバケの目と口を作って、ポンチョの前の部分に貼り付ける。

完成です♪
白い帽子をコーディネイトするとかわいいとのこと。大きなフェルト生地は、幅が90~110cmくらいのものが手芸屋さんで切り売りされています。安価なイメージのあるフェルト生地ですが、メートル単位の購入だと意外と高く感じるかもしれません。もし古いシーツ等があれば、それで作ってもよろしいかと思います。

☆かぼちゃ


[材料と道具]
 オレンジ色の枕カバー …ファスナーが無いタイプのもの。この作品では51cm×76cmのサイズを使用
 グリーンの太いリボン
 黒いフェルト
 布用の接着剤
 型紙用の紙
 チョーク(チャコペン)

[作り方]

1. 枕カバーの入れ口のほうに、リボンを通すための縦の切り目を数か所入れる(端から5cmくらいは下の位置で良さそうに思われる)。リボンを通して、両端を外側に出して結んで、かぼちゃのヘタに見立てる。
2. 両端に腕を通すための穴を開ける。
3. 黒いフェルトでかぼちゃの目や口を作る。紙に下書きを描いて型紙を作り、チョークなどでフェルトに写して切り抜き、枕カバーの前面に貼り付ける。
4. すそになる部分を切り開く。切ったところを、二つ折りにして縫う。
5. すその両端をちょっと縫い縮めて、かぼちゃの丸みを作る。

完成です♪

首のリボンを通す穴と腕を出す穴の位置は、ダブダブなくらいがかわいいので、心持ち下のほうにすると良いかと思います。動画の最初と最後に、男の子がこのコスチュームを着ている写真が出ていますが、腕はひじの辺りから出てるし、首にもちょっと高さが出ています。
ところで、オレンジ色の枕カバーですが、日本ではそんなに多くないかもしれません。お店で買えない場合は、オレンジ色の布を用意して、筒状に縫って作ってください(すみません)。

両方とも、そんなに手をかけなくても作れるのに、ハロウィン気分が盛り上がるコスチュームですね。このくらいの手間で作れるなら作ってみようかな?と思った方がいらっしゃったら幸いです。どなた様も、楽しいハロウィンをお過ごしください!