ハンドメイド♪ 手作りコスメ 保湿作用抜群! 麹化粧水の作り方♪ 簡単


今回は、麹化粧水の作り方をご紹介いたします。麹菌が作り出したお肌に良い成分と、麹菌そのものもたっぷり入った化粧水です。プロバイオティクスの力で、お肌の調子を整えます。
 
ここで使われている麹は、ちょっと前に「飲む点滴」と呼ばれて大ブームになった甘酒の材料と同じものです。
甘酒の場合は、麹をお湯にふやかしてから8時間くらい、麹が糖化して甘くなるまで寝かせます。化粧水の場合は2~3時間しか寝かせないし、使用する麹の量も少ないですし、出来上がった化粧水は甘くはないのでしょうね。
でも、麹の力はきちんと働いています。
 
今回の化粧水も、使用する器具や保存容器を煮沸消毒することをお勧めします。ほんの2~3時間ですが、お湯につけた麹を、熱過ぎず冷た過ぎない、生暖かい温度で保温します。
この温度は細菌が育つのに適した温度なので、麹菌が元気よく繁殖しますが、それは雑菌などのその他の菌も同じです。多くの場合は麹菌が勝つと思われますが、万が一のこともありますので、清潔を心がけてください。
 
乳酸菌などの人の役に立つ菌を配合した化粧品も市販されていますが、この作品はそれの手作り版ですね(乳酸菌でなく麹菌ですが)。ご興味がある方は、ぜひ試してみてください。

[材料と道具]

 米麹  …乾燥麹なら25g、生麹なら35g
 お湯  …60℃程度 200ml
 ボウル等の容器  …2個
 清潔なガーゼまたは布巾
 混ぜるためのスプーン

[作り方]

1. 使用する器具や保存容器を、使用する直前にきれいに洗って煮沸消毒する。手も石けんで洗う。
 
2. 麹を細かくほぐして、ボウル等の容器に入れる。
 
3. お湯を加えてかき混ぜ、2~3時間ほど常温で寝かせる。もし発酵器があれば、40℃くらいに設定して中に入れるといい。特にこれからは気温が低くなるので、何らかの方法で積極的に保温したほうが良いと思われる。
 
4. 清潔なガーゼか布巾などを使って漉す。漉した後の麹は、入浴剤やパックに使える。
 
5. 保存容器に入れて冷蔵庫で保管する。多めに作ってしまった場合は、冷凍保存も可能。出来上がった化粧水は、1週間程度で使い切る(市販の化粧水に混ぜた場合も同じ)。

完成です♪

ハンドメイド♪ 手作りコスメ 保湿作用抜群! 麹化粧水の作り方♪ 簡単まとめ

発酵器がない場合は、古い毛布でくるんだり、コタツに入れたりして保温する方法もあります。お湯が冷めないように気を付けていられるなら、お湯をはった鍋に容器をつけておいても良いかもしれません。2~3時間は意外とすぐなので、そんなに頑張らなくても大丈夫だと思います。
 
今回の化粧水は、出来上がった直後であっても、品質に異常を感じた場合は迷わず捨ててください。麹のにおいを嗅ぎ慣れていない人が多いと思うので(私もです)、腐敗なのか正常なのか分からないかもしれません。でも、「嫌な臭い」と感じた場合は、例えそれが麹そのもののにおいであっても、自分の体質にあっていないという可能性もあるかも…?自分の生物としての勘を働かせて判断してくださいね。