ハンドメイド♪ 小物や雑貨をクリスマス風にアレンジ! 雪に埋もれたお菓子の家の作り方


小さな木製の入れ物の蓋に、ジンジャークッキーでできた家が乗っています。
周りにはモミの木が立っていて、雪が積もっています。
  
これは生クリームのケーキの上に、クッキーの家がデコレーションされてるフェイクスイーツ?それとも、おとぎの国のお菓子の家?そんなことを想像するとほっこりしますね。
クリスマスにぴったりのハンドメイドです。プレゼントにしても喜ばれると思います。
  
オーブンで焼いて硬化させるタイプの粘土で作っていますが、自然乾燥で硬化するタイプの粘土でも作れます。
  
雪の部分は工夫してください。
  
いつも思うのですが、ポリマークレイの作品って楽しそうですね。ご興味がありましたら、ぜひ挑戦してください。

[材料と道具]

 木製の小さな入れ物
 ポリマークレイ  …白、緑、茶、こげ茶
 液体状のポリマークレイ …FIMOリキッドやTLS等
 グリッター    …白
 クラフト用の砂  …白
 オーブン
 細工用の棒
 歯ブラシ
 パステル    …茶
 ドライモス

[作り方]

1. 木製の入れ物の蓋に、液体状のポリマークレイを塗る。
  
2. 白いポリマークレイを、入れ物の蓋の大きさに薄く伸ばして付ける。小さな丘も作る。
  
3. 家や木を配置する場所を決めて、印を付けておく。
  
4. 茶とこげ茶のクレイを混ぜてジンジャーブレッド色を作り、3.で付けた印に大きさを合わせて、正方形と長方形をふたつずつ作る。長方形のほうにアーチ(玄関)を付け、歯ブラシで表面をデコボコにし、茶のパステルを粉にしたものを筆で塗って焼き色を出す。
  
5. 液体状のポリマークレイと白いポリマークレイを混ぜてアイシングを作り、窓や壁の模様を描く。オーブンで10分だけ、表面が固まる程度に焼く。
  
6. 雪の上の家の位置に、液体状のポリマークレイを少量付け、家の壁を埋め込む。
  
7. 茶のクレイを細長く伸ばして短時間だけ焼いたものを輪切りにし、ドアの前の道筋にポツポツと置く。
  
8. 緑のクレイを円すい形にして、表面に細工用の棒で枝の形を作ってモミの木を作る。雪の上に接着する。
  
9. 家の屋根のサイズを測って、壁と同じ色の四角形を作る。壁の時と同じように歯ブラシでたたき、パステルを塗り、液体状のポリマークレイで壁の上に接着する。
  
10. 液体状のポリマークレイを蓋のふちに塗り、液体状のポリマークレイと白いポリマークレイを混ぜて雪を作り、垂れたように塗る。
  
11. 家の周りにドライモスを置く。屋根の上に雪を乗せ、ツララを作り、クラフト用の砂をかける。モミの木にも雪を乗せる。グリッダーをふりかける。
  
12. オーブンで10~15分加熱して、完全に焼き固める。
  
13. 小物入れ本体に色を塗るなどして質感を出す。

完成です♪

ハンドメイド♪ 小物や雑貨をクリスマス風にアレンジ! 雪に埋もれたお菓子の家の作り方まとめ

ドライモスは100円ショップでも売っているようです。
  
液体状のポリマークレイと、普通のポリマークレイを混ぜるということが出来るんですね。
このタイプのポリマークレイは熱を加えないと固まらないので、一度にある程度の量を作っておいて、使いたい時にちょこちょこと使うことも理論的にはできるはず…実際のところは分かりませんが。
  

先日、雪が降りました。気温も下がって非常に寒いです。皆さまも体調に気を付けてお過ごしください。