ハンドメイド♪ 初めてでもわかりやすい! 封筒タイプのお弁当袋の作り方♪


今回はお弁当袋の作り方をご紹介いたします。
手芸や洋裁が上手なオッカサンによって作成された動画という感じで、
とてもわかりやすいです(*^-^*)
苦手意識があるせいか、裏布付きの袋物というとどうしても難しそうに感じるのですが、
この動画を見ながらだったら上手に作れそうな気がします。
 

このような封筒タイプのお弁当袋は、保育園や幼稚園で指定されることも多いそうです。
これから保育園に入園するお子さんをお持ちの方にタイムリーな作品ですね。
 
ご自分のお子さん用はもちろんですが、
手作りして小さなお子さんがいる方にプレゼントしたり、
文化祭や秋祭りなどのバザーに参加する予定のある方は出品物にしたりすればきっと喜ばれますので、ぜひ挑戦してみて下さい!

[材料]

 表布、裏布 …お弁当箱に合わせた大きさのものを1枚ずつ。
 動画では23cm×44cmの布を使用。 
 留め具   …マジックテープ、ボタン、ループなど

[作り方]

※ ミシンで縫う時は、縫い始めと縫い終わりに返し縫をする。
 
1. 表布と裏布を中表にして、短い辺を縫う。
 
2. 縫ったところを表に返して、表布よりも裏布が出ないように折って、縫い線のすぐ横にミシンをかける。
 
3. 反対側の短い辺の裏布の長さを、切って調整する。
 
4. 動画を参考に、生地をお弁当袋の形に折って、3辺をミシンで縫う。返し口を4~5cmほど残しておく。
 
5. 4つの角の布を少し切る。この時、ミシンで縫った糸を切らないように注意する。
 
6. 返し口から表に返す。形を整えて、返し口をミシンで縫うか手でかがるかして閉じる。
 
7. フタに留め具のマジックテープかボタンを付ける。

完成です!!

ハンドメイド♪ 初めてでもわかりやすい! 封筒タイプのお弁当袋の作り方♪まとめ

なんだかすごく簡単に出来てしまいましたね♪ こんなに簡単なら裏布付きの袋物に対する苦手意識が克服できるかも…。

最近になって気づいたのですが、裏布付きの袋は布の端の処理が不要です。
ミシンがない方や、直線縫いしかできないミシンを使われている方には、かえって作りやすかったりするかもしれません。
ただし、縫う長さは一枚仕立ての場合の2倍あります。手縫いだとやっぱり大変かもしれませんね。
 
 
この袋はお弁当袋として紹介されていますが、同じ作り方で女性用のポーチを作っても素敵ですね。
個人的には、大きさを変えてタブレット端末を入れる袋を作ったら良さそうだなと思いました。
 
普段、スマホやタブレットにはカバーは付けていないのですが、鞄に入れる時だけ、何かちょっと入れる袋が欲しいのです。
タブレットを入れる袋、頑張って作ってみようかな?(^_-)-☆