ハンドメイド♪ 内側がモコモコ素材♪ 縫って作るかわいいキッズ用マフラー♪


今回ご紹介するハンドメイドは、内側にファー生地を使った暖かそうなキッズ用マフラーです。モコモコのピンクのファーも、表側に使われているプリント生地もかわいくて、お子さんが喜びそうな作品ですね。デザインを変えて男の子用も、サイズを変えれば大人用も作れます。
 
ファー生地やボア生地は、土台の生地が伸び縮みするので、普通の生地よりも縫うのに若干のコツが必要です。
その部分以外は簡単なので、ファー生地を始めて使う人の練習にもなる作品だと思います。
 
冬素材のかわいいマフラー、ぜひ作ってみてください。

[材料と道具]

 表生地  …綿生地など。真ん中用と端っこ用の2種類
 裏生地  …ファー生地
 波テープ
 飾りのリボンパーツ …お好みで

[作り方]

1. 表生地と裏生地を、動画を参考にマフラーの大きさにカットする。
 
2. ベルト部分を縫う。ベルトの長さはマフラーの幅に合わせる。生地を中表に二つ折りして、縫い代0.5cmで返し口を残して縫い合わせ、返し口から表に返す。アイロンで形を整え、返し口を布端から0.2~0.3cmのところで縫ってとじる。
 
3. 真ん中用と端っこ用の表生地を縫ってつなげる。片側にはベルトの片方の端を挟んで一緒に縫う。
 
4. ベルトのもう片側の端を、表生地に縫い付ける。
 
5. 生地の境目に波テープも縫い付ける。
 
6. 表生地と裏生地を中表に合わせて、返し口を10cmくらい残して周りを1周縫う。ファーは縫いにくいので、気を付けて縫う。
 
7. 縫い代の角をカットして、返し口から表に返す。目打ち等で角をきれいに出す。
 
8. 返し口を縫ってとじる。
 
9. お好みでリボン等の飾りを付ける。

完成です♪

ハンドメイド♪ 内側がモコモコ素材♪ 縫って作るかわいいキッズ用マフラー♪まとめ

ファー生地やボア生地の扱い方についてですが、まず、裁断する時は、毛足は切らずに編地(土台布)だけを切るようにしてください。ファーは毛並みに向きがあるので注意してください。ボアは裏表で風合いが違うらしいので、使いたいほうを表にして良いそうです。
 
ミシンで縫う時は、目は粗めに。伸びやすいので、ミシンの押さえ金と生地の間に厚紙を挟んだ状態で縫うと縫いやすいそうです。
動画でも縫う時に目打ちを使っていますが、これはファーの毛を押し込みながら縫っているのだと思われます。毛を垂直に内側に押し込みながら縫うと、縫い目が毛で隠れることになるので、仕上がりがきれいになるそうです。
 
毛が斜めになると効果が半減するそうなので、丁寧に垂直に押し込んでください。
手縫いの場合もだいたい同じです。縫い目は普通の生地より大きめでOK。生地の伸びに注意するのがポイントだそうです。
 
そして、通常の生地よりも気を付けなければいけないのは、なんと待ち針の置き忘れだそうです!!
 
待ち針がモフモフの生地に埋もれて付いたままだったということのないように、作業前と後で待ち針の数をチェックしたり、あるいは初めからクリップしか使わない等の安全対策を行ってください。
仕上げのチェックとして、金属探知機を使うか、または自分の手で完成品を握ってチェックしていらっしゃる方も…。まさに自分の体を張ったチェックですね。自分の作品に対する責任感を感じますね。