ハンドメイド♪ モコモコのひつじの置き物の作り方♪


体に巻き付けられた毛糸がモコモコでかわいらしいひつじの置き物の作り方をご紹介いたします。
木製のクリップと段ボールで作った芯に毛糸を巻いて作ります。

 
段ボールを素材に使った動物の置き物のキットが、雑貨屋さんなどでも人気です。
 
ご紹介しているひつじは顔とシッポの部分しか段ボールが露出していませんが、
この段ボールの顔とシッポが、なんだかとっても素朴で独特の魅力がありますね。
 
極太の毛糸をぐるぐるに巻いた体と、にょっきり突き出た木製クリップの脚もかわいらしいです。
自由に大きさやポーズや色を変えて、個性的なひつじの置き物を作りましょう!

[材料と道具]

 毛糸
 木製のクリップ
 段ボール
 フェルト
 鉛筆、はさみ、ペン

[作り方]

1. 段ボールに木製のクリップを2本、間隔を開けてはさむ。これがひつじの脚になる。
 
2. 鉛筆でひつじの体の輪郭を下描きする。いろんなポーズや大きさのひつじを作ると楽しい。
 
3. 一度クリップを外し、はさみやカッターでひつじの体を切り抜く。
 
4. クリップを再び付けて、安定して立つ位置に調整する。
 
5. 巻いた毛糸がずれないように、首元になる部分としっぽの部分に上下から切り込みを入れる。
 
6. クリップに毛糸をはさんで、ひつじの体に毛糸を巻き付けていく。ひつじの脚になる木製クリップにも巻き付ける。好みの厚さになるまで巻く。最後の毛糸は、巻いた毛糸に挟み込む。首元としっぽの部分の毛糸を、ずれてこないように段ボールの切込みに挟み込む。
 
7. フェルトを2つ折りにして耳の形にカットする。
 
8. 耳を毛糸に挟み込み、ペンで顔に目を描き入れる。
 
9. 子羊を作る場合も同じようにして作る。真っ白の細めの毛糸で作ると生まれたての子羊のようでかわいい。

完成です!

ハンドメイド♪ モコモコのひつじの置き物の作り方♪ まとめ

顔や脚を黒で着色すると、サフォーク種のひつじが作れますね♪
シッポを長いデザインにしてもかわいいと思います♪
 
日本人にはシッポの長いひつじはあまり馴染みがないかもしれませんが、
実はひつじのシッポは生後すぐに切り取られています。
 
でも海外ではシッポを切らずに飼育する場合もあるそうです。
イギリスのクレイアニメの「ひつじのショーン」に登場するひつじ達は全員が長いシッポを持っています。
 
しかしシッポを切り取るのは人間の側の都合なのかというと、
そこにはいろいろな意見があるようで、野生種のヒツジのシッポは短いし、
品種改良の過程で長くなってしまった家畜種のひつじのシッポは、
むしろ切ってしまったほうがひつじのためにもなるとも言われているそうです。

 
これからの季節は特に、多くの人がセーターやコートなどで羊毛の恩恵を受けると思います。
日頃からお世話になっているひつじに、ちょっと思いを巡らせてみるのもいいかもしれませんね。