ハンドメイド♪ マチ付き四角形ポーチを台形にならないように作る方法♪


今回ご紹介するハンドメイドは、台形にならない四角形ポーチの作り方です。これ、作ったことがある人は分かると思いますが、良かれと思ってマチを付けると、下がすぼんで頭でっかちになってしまうんですよね。
 
台形になると分かっていて作った場合は別にいいのですが、四角形のポーチしかイメージしていなかった人が、想定外に台形のポーチを作ってしまった時のショックは意外と大きく、「マチを付けたらこんな姿になってしまった…(泣)」と、なってしまうことも。小さなものほど、頭でっかちが目立ちますし…。
 
台形にならないように作るには、布の断ち方がポイントです。この辺りは、数学の空間図形の感覚に通じるところがありますね。勉強になる作品ですので、よろしければ参考にしてください。

[材料と道具]

 表布
 裏布
 接着芯
 ファスナー
 リボンまたはテープ …6cm
 型紙用の紙
 アイロン

[作り方]

1. 真ん中から二つ折りにするタイプのポーチの型(縦にのみマチ分が足されている状態)に、横にもマチの分だけ長さを足し、入れ口から斜めに線をおろして、六角形にする。縫い代1cmを足せば型紙の出来上がり。型紙は上半分だけでも良い。
 
2. 布と接着芯を型紙通りに裁断する。表布の裏に接着芯を貼る。
 
3. 表布の上に、上を合わせてファスナーと裏布を中表に重ねて、ファスナーの部分を縫い代6mmで縫う。ファスナーの引手をずらしながら縫うと縫いやすい。
 
4. 布をたたみ直して、ファスナーのもう片側と2枚の布を縫い代6mmで縫い合わせる。
 
5. ファスナーが真ん中にくるように布をたたみ直し、クリップ等でとめる。脇の部分を縫い代1cmで縫うが、裏布に返し口を5cmほど縫い残しておく。この時、リボンを半分に折って、表布のファスナーから1cm下に差し込んで一緒に縫う。
 
6. マチを作る。底の角をつまんで二等辺三角形になるように折って線をひく(今回は4cm)。線の通りに縫ったら、1cm残して角を切る。4つの角全てに行う。
 
7. 返し口から表に返し、返し口を縫い代2mmで縫ってとじる。
 
8. 裏布を中に入れ、アイロンで形を整える。

完成です♪

ハンドメイド♪ マチ付き四角形ポーチを台形にならないように作る方法♪まとめ

この台形の悲劇(?)、私は小学生~高校生の時に、ポーチか巾着袋を作っていて起こしてしまった記憶があります。しかも、マチの寸法が微妙にアンバランスで、左右のすぼみ方が同じでなかったような…。
 
まあ、それもハンドメイドの楽しい思い出ですね。
今なら自分用であれば、ちょっと失敗したくらいなら構わず使いますが(せっかく作ったので!)、あの時は、途中で作るのをやめたか、出来上がっても使わなかったかだったと思います。
 
ヘタクソなくせに完璧主義だったんですよね。
それでは、ハンドメイドで楽しい毎日を。