ハンドメイド♪ ドライフラワーで思い切り華やかに ボタニカルキャンドルの作り方♪


お店でドライフラワーやドライフルーツが入ったキャンドル(ボタニカルキャンドル)を見かけると、とても豪華で素敵だな~と思いますよね。
うっとりと見とれることもしばしば。しかし値段を確認してみると、案の定、結構高い…。
 
今回のハンドメイドは、そんなボタニカルキャンドルを自分で手作りする方法です。キャンドル用の型を用意する必要がありますが、家にあるもので代用できるかもしれません。ロウの中に入れるドライフラワーやドライフルーツはお好みのものを。キャンドルの側面の部分に、デザインしながら自由に配置して、素敵なボタニカルキャンドルを手作りましょう!

[材料と道具]

 ミツロウ
 パラフィンワックス
 ドライフラワーやドライフルーツ
 お好みのアロマオイル
 キャンドル用の円柱形の型 …大小ふたつ
 キャンドル芯       …タコ糸でも可
 竹串
 ガムテープなど
 小鍋
 クッキング温度計

[作り方]

1. 小鍋に同量のパラフィンワックスとミツロウを入れて火にかけ、80度に熱して完全に溶かす。
 
2. お好みのアロマオイルを加えて混ぜる。
 
3. あらかじめキャンドル用の型の内側にサラダ油を塗っておく。小さい方の型に、竹串などを使ってキャンドル芯が真っすぐ垂れるようにセットし、底の穴をガムテープなどでふさいでおく。
 
4. 小さい方の型に2.を注ぎ入れ、固まるまで待つ。
 
5. ロウが固まったら型から外して(冷やすと外れやすくなるらしい)、大きい型に入れる。型とキャンドルの隙間に、ドライハーブやドライフラワー、ドライフルーツ等を好きなように配置する。
 
6. 最初の手順と同じようにしてパラフィンワックスとミツロウを溶かし、型に静かに注ぎ入れる。
 
7. 完全に固まってから型から外す。
※ 鍋などに残ったロウを下水に流さないこと。配管が詰まる恐れがある。

完成です!

ハンドメイド♪ ドライフラワーで思い切り華やかに ボタニカルキャンドルの作り方♪まとめ

動画のコメント欄に、キャンドルづくりに使った鍋は、料理用にはできなくなると記載があります。ということは、温度計もきっと同じですよね。鍋はどうにかなりそうですが、温度計はちょっと痛い…。100円ショップに料理用温度計、あるかなあ…。
 
パラフィンワックスやミツロウを溶かす時は湯煎でも良いそうです。湯煎のほうが急激に温度が上がらないので良いかもしれませんね。
 
材料のアロマオイルの代わりに、エッセンシャルオイル(精油)を使うとワンランクアップします。エッセンシャルオイルは、本物の植物から抽出した芳香物質です。植物の芳香物質は、いい香りがすることはもちろんですが、リラックス効果や消炎作用などの薬効があるものもあります。それに対して、アロマオイルは一部~全部が化学的に合成された香り成分です。アロマオイルでも香りは楽しめますが、ちょっとリッチに(やはりお値段も違いますので)エッセンシャルオイルを使ってみるのもよろしいかと思います。