ハンドメイド♪ アンティーク調のイラストを使ったクリスマスオーナメント♪


クリスマスまであともう少しですね。今回はアンティーク調のイラストを使ったクリスマスオーナメントをご紹介いたします。
このような、ちょっと昔風の人物や天使のイラストは、根強い人気があるようですね。私も小中~高校生くらいまで好きで取っておいていましたし、今でも見ると心惹かれます。
 
あのコレクション、どこにやったかな…。
雰囲気がクリスマスにぴったりなので、オーナメントや飾りに取り入れたら、ほんわかとしたクリスマス気分が盛り上がること間違いなしです。
ぜひ挑戦してみてください。

[材料と道具]

 セロテープやガムテープの芯
 アクリル絵の具やペンキなどの塗料 …薄い水色、白
 エンボスインク、ラメ入りのエンボスパウダー(薄い水色のもの)、エンボスヒーター
 円形の雪の結晶や花の飾りの紙素材
 アンティークな絵柄の人物画の紙素材
 ロウソク
 ビーズ、ラメパウダー
 天使の飾り
 金箔のシール
 つり下げ用のヒモ
 接着剤や木工用ボンド
 千枚通し
 サンドペーパー

[作り方]

1. テープの芯に千枚通しでヒモを通す穴を開ける。
 
2. 薄い水色の塗料をテープの芯に重ね塗りする。乾いたらロウソクをこすりつけてロウで表面をコーティングする。その上から白い塗料を塗り、乾いたらサンドペーパーでこすって水色の塗料が部分的に露出するようにする。
 
3. 円形の雪の結晶や花の飾りの紙や、アンティーク調の人物画の紙を用意する。テープの芯の大きさに合わせて切ったり、組み合わせてデザインを決めたりする。
 
4. 人物のイラストの足元の部分に、ギザギザに切った紙を貼り付け、テープの芯の内部に貼り付ける。
 
5. 円形の雪の結晶の紙にエンボスインクを塗り、ラメ入りのエンボスパウダーをふりかけ、エンボスヒーターで加熱してキラキラに加工する。1枚を接着剤でテープの芯の裏側に貼り付ける。
 
6. 5.の人物画の足元に接着剤を塗り、ビーズとラメパウダーを接着する。
 
7. つり下げ用のひもを付ける。
 
8. 天使の飾りにごく薄いグレーの絵の具をムラが出るように塗る。羽に接着剤を塗り、金箔のシールを貼る。
 
9. テープの芯の表側にも雪の結晶の紙を貼り付け、上部に天使を貼り付ける。

完成です!

ハンドメイド♪ アンティーク調のイラストを使ったクリスマスオーナメント♪

 
素敵なクリスマスのオーナメントですね。これがなんとテープの芯で出来ているとは!
 
周りを取り囲む円形の雪の結晶の紙素材ですが、テープの芯も大きさがいろいろだと思いますし、市販のものが見つからない場合は自作したほうが早そうです。
雪の結晶の形のシールやレース等、紙素材にこだわらす利用できそうなものを探して、バラバラのものを円形につなげれば出来上がりです。
 
ただし、ナイロン等の熱に弱い素材のものを使う場合は、エンボス加工ができない可能性がありますので気を付けてください。
表面にラメを塗るだけでも充分素敵に仕上がるかと思います。工夫して、楽しんで作ってくださいね。